化学機械

“グラビティコンベア”によるドラム缶搬送の設計 化学工場の液充填の場合 幅・径・位置・安全対策

"グラビティコンベア"について解説します。 工場で世間一般にもっとも使われているコンベアをイメージすると良いでしょうか。 とてもシンプルな構造です。 化学工場でもドラム缶・フレキシブルコンテナなど様々な重量物を搬送するた...
化学工学

危険物貯槽への保安用”窒素”配管の接続方法と使い方を解説 加圧/負圧・蒸気圧・接続方法

"窒素"の危険物容器周りでの使い方をいくつか解説します。 窒素は化学工場ではとても大事な物質です。 引火性の危険物に対する保安目的で、非常に多くの場面で登場します。 危険物を扱う場所ではとりあえず窒素を入れていれば良いだ...
化学工学

身近なはずの”湿度”の基本を化学工場の機電系エンジニア向けに解説 水蒸気圧・絶対湿度/相対湿度

"湿度"について解説します。 天気予報でなじみがありますが、どういう意味なのかということ意外と知らないと思います。 熱中症の問題でも湿度が付いて回りますし、工場でも湿度と格闘している人もいると思います。 湿度は実は化学工...
工事

化学工場の工事現場で”熱中症”を防ぐためにオーナー側が配慮すべきこと 環境/休憩/雰囲気

"熱中症"について化学工場の工事現場で配慮すべきことをまとめます。 今でこそ熱中症に対して問題視する会社は多いですが、10年も前にはまだこの意識が少なかった会社も多いでしょう。 弊社もそんな感じでした。 化学工場で熱中症...
保全

バッチ系化学工場設備を”TBM”と”CBM”のどちらにするか決めるときに考えたいこと

"TBM"と"CBM"の使い分けについて私なりの考え方を紹介します。 化学工場のような設備産業と言われる設備では、設備のメンテナンスはとても大事です。 メンテナンス方法としてTBM・CBM・BMという3つの指標を使い分けますが...
化学機械

化学工場の”シールポット”の構造と設計上の注意点を解説 大気圧貯槽・危険物屋外タンク・材質

"シールポット"について解説します。 シールポットは化学工場でよく使う安全装置です。 構造も機能もシンプルなはずですが、意外と考えることがあります。 内圧維持 シールポットの目的はタンクの内圧を微量な範囲で維持する...
材料

“ガラスライニング”と”フッ素樹脂ライニング”の比較と化学工場での使い方を解説 配管・装置

"ガラスライニング"と"フッ素樹脂ライニング"は化学工場の高耐食性材料として多用します。 ところでこの2つをちゃんと使い分けしていますか? この2つの材料で選択を迫られる状況になったときには、メリットデメリットをちゃんと見極め...
材料

“SS400″と”SUS304″ 炭素鋼とステンレス鋼の化学工場での使い分けの考え方について解説

"SS400"と"SUS304"の使い分化学工場での説します。 耐食性があるかどうかで使い分けるのだから、簡単でしょ? そう思われるかもしれませんが、実はいろいろな使い分け方があります。 "SS400"と"SUS304"...
化学機械

“インナーフィンチューブ”と冷凍機の熱交換器チューブとしての特徴 銅管/凝縮器/蒸発器

"インナーフィンチューブ"について解説します。 インナーフィンチューブは冷凍機で登場するチューブです。 割と目立たないかもしれませんが、実はとても重要な要素です。 "インナーフィンチューブ"の構造 まずは構造を解説...
調達部

それでも”日本製”が必要ですか? 化学工場の設備メンテナンスや安定運転を考えたベンダー選定

日本の化学工場の設備は"日本製"が多いと思います。 日本製に信頼を置きすぎて、海外の工場でも日本製を輸出しようとする会社も多いことでしょう。 そして痛い目を見た会社も多いことでしょう。 やっぱり日本で日本のベンダーから調...
タイトルとURLをコピーしました