【配管設計】排水溝への排水配管を接続するときの注意点

配管配管

NEONEEETです。

排水溝に排水配管を接続することは、化学工場でも街中でも多く見かけます。

この方法に大きく2種類ありますが、その違いを紹介します。

排水溝の外に排水配管末端を出したままにする

街中の一般民家の排水配管を見てもらえれば良く分かります。

生活排水が塩ビ配管で、道路脇の排水溝の近くまで引っ張ってきています。

この排水配管の末端が、排水溝の中に入っていないケースを、私の住んでいる地域ではよく見かけます。

排水が外部に漏れる

排水溝はコンクリートの蓋で覆われています。

その蓋の上空に排水配管の末端があります。

この状態で排水を流すと、確実に排水溝の蓋から飛散します。

排水溝の蓋につけてある開口部よりも、排水配管の流量の方が大きいからです。

排水を流した時に排水溝の蓋の周りが濡れているシーンをよく見かけます。

非常に見た目が悪いです。

私の住んでいる地域では、平気で家庭ごみを自宅で焼却していたりするので、排水が飛散していても問題ないと考える人が多いのでしょう。

それはそれでいいかもしれませんが、私はそういう環境を軽蔑します。

排水溝の中に排水配管を入れる

見た目さえ良ければ問題ないという思想で、排水溝の中に排水配管を入れるケースがあると思います。

化学工場では防油堤などに付いている排水の溝に排水配管を持っていくケースです。

排水溝が満杯になると、逆流する恐れがある

一般民家の排水では普通は問題になりません。

というよりも問題にならないようにすることは容易です。

化学工場の場合も基本は同じですが、こちらはちゃんと考えなければいけません。

例えば大気圧タンクの排水配管を、排水溝の中に入れたケースが危険です。

排水配管から常時排水がでるため、排水が飛散しないように排水溝の中に入れてしまいます。

この結果、排水溝が満杯になると、排水が流れなくなり、タンク側へ逆流する恐れがあります。

タンクのオーバーフローラインまで満液になり、別の場所から排水が飛散する悲惨なことも起こりえます。

こういうケースはあまりないと思いたいのですが、最近の日本では天候の問題で、起こりやすくなっています。

ゲリラ豪雨や台風などで大量の雨が降った時に、排水溝が満杯になってしまうパターンです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました