建設

プロジェクト

0.6乗則を化学プラントのプロジェクト投資見積に当てはめてみる ラング係数との関係性

0.6乗則について解説します。 これはラング係数とセットで設備投資の概算見積で大活躍します。 その使い方を紹介しましょう。 0.6乗則とは 0.6乗則は、設備投資額がプラント能力の0.6乗に比例するという法則です。...
プロジェクト

化学工場の5大用役(ユーティリティ)の概要と使い先を解説 水・蒸気・電気・空気・窒素

化学工場の用役(ユーティリティ)について解説します。 用役はプラント運転では目立ちませんが、非常に需要です。 これは一般家庭の生活でも水や電気がなければ、一瞬で困ってその時になって重要性に気が付くのと似たような話です。 ...
配管

化学工場の「配管接続」の主要3方法 特徴と使い分けを解説 フランジ/ねじ込み/溶接

配管の接続方法についてまとめました。 化学工場ではフランジ接続が当たり前でしょ? なんて暗黙知として取り扱っている私ですが、改めて考えると化学工場ですらいくつかのパターンと付属対策をしています。 フランジ 1つ目は...
プロジェクト

オーナーエンジニアリングなどの中途半端規模のプロジェクトの「機器リスト」活用方法と注意点

化学工場のプロジェクトで使う機器リストについて解説します。 久しぶりに土曜日にしっかりと仕事をしていました。 そこでプロジェクト向けの機器リストをいじっていましたが、あらためて何の目的があるか言語化しておこうと思います。 ...
配管

破裂板の安全弁に対する使い分け バッチ系化学工場を例に 材質/放出先/メンテナンス性

破裂板について解説します。 安全弁と同じく圧力容器の圧力開放装置として保安装置の1つに位置付けられます。 バッチ系化学工場でどんな風に破裂板を使うか紹介しましょう。 役割 破裂板の役割をまずは整理しましょう。 ...
配管

化学工場の配管や設備に付ける断熱保温の「工事設計」で気をつけたいこと パイプ/フランジ/バルブ/雨水侵入 

断熱保温で見えない部分を予想することはプラント設計でしばしば問題になります。 設計上ちゃんとスペックを決めているはずであっても、現場で断熱が問題になるときにはいつも「良く分からない」と未確定要素的な扱いをされています。 そもそ...
配管

「配管設計・施工ポケットブック」は化学工場の機械エンジニアが2冊目のポケットブックとして保有したい

配管設計・施工ポケットブックについて解説します。 プラント配管設計者にとってポケットブック系は今も昔も欠かせない設計アイテムでしょう。 例えばプラント配管ポケットブックは代表的なポケットブック。 最近ではweb上でカタロ...
プロジェクト

化学工場の試製造で見かけた人の裏側 喧嘩・愚痴・精神崩壊・瞬間的ブラック職場・チームプレイ

化学工場の試製造について人の裏側という側面で経験したことを解説します。 試作品製造という方が一般的でしょう。 化学プラントで建設工事までのプロジェクトが無事終わって、機電系エンジニアは解放されます。 何か対応するにしても...
電気設計

電気工事初心者が化学工場の電気ケーブルの系統をザックリ解説 ダクト・ラック・電線管

機械エンジニアが知っておくべき範囲で電気工事の現場を解説します。 電気工事は電気エンジニアに任せてしまいがちですよね。 化学工場といえども電気工事は世間一般の工事と近い部分があります。 機械の知識習得で忙しいから電気のこ...
電気設計

アナログテスターとクランプメーターを機械エンジニアが知っておきたい範囲で解説 初心者向き

電気測定器の種類を解説します。 機械系エンジニアならあまり詳しくなくても仕事はできてしまいます。 それでも周辺知識として知っておきたいですね。 アナログテスタークランプメーター の2つを解説します。 ...
タイトルとURLをコピーしました