配管

配管

化学工場の「配管接続」の主要3方法 特徴と使い分けを解説 フランジ/ねじ込み/溶接

配管の接続方法についてまとめました。 化学工場ではフランジ接続が当たり前でしょ? なんて暗黙知として取り扱っている私ですが、改めて考えると化学工場ですらいくつかのパターンと付属対策をしています。 フランジ 1つ目は...
配管

破裂板の安全弁に対する使い分け バッチ系化学工場を例に 材質/放出先/メンテナンス性

破裂板について解説します。 安全弁と同じく圧力容器の圧力開放装置として保安装置の1つに位置付けられます。 バッチ系化学工場でどんな風に破裂板を使うか紹介しましょう。 役割 破裂板の役割をまずは整理しましょう。 ...
配管

化学工場の配管や設備に付ける断熱保温の「工事設計」で気をつけたいこと パイプ/フランジ/バルブ/雨水侵入 

断熱保温で見えない部分を予想することはプラント設計でしばしば問題になります。 設計上ちゃんとスペックを決めているはずであっても、現場で断熱が問題になるときにはいつも「良く分からない」と未確定要素的な扱いをされています。 そもそ...
配管

「配管設計・施工ポケットブック」は化学工場の機械エンジニアが2冊目のポケットブックとして保有したい

配管設計・施工ポケットブックについて解説します。 プラント配管設計者にとってポケットブック系は今も昔も欠かせない設計アイテムでしょう。 例えばプラント配管ポケットブックは代表的なポケットブック。 最近ではweb上でカタロ...
配管

【見えない誤差だらけのプラント】配管設計をトラブルなく行うためのパズル的な調整代の考え方

配設計で大事な寸法調整の考え方を紹介します。 化学工場のオーナー系機械エンジニアは化学工場の設計者でありながら、配管設計に携わる時間が短いです。 図面屋さんに丸投げも可能。 出来上がった配管図を眺めて現場を見て、何となく...
配管

工場現場の作業性を左右する作業架台 設備の補間としてオーナーエンジニアはこだわりを持とう

作業架台について解説します。 化学工場での作業架台のニーズは、設備の自動化に伴ってどんどん減少しています。 それでも一定量は残り続けるでしょう。 現場での作業性を大きく左右するのが作業架台です。 設備に付帯する現場...
配管

屋外タンク・大気圧タンクの変形を防ぐための配管設計 液ガス流れの基本的イメージの理解

屋外タンク・大気圧タンクの変形について解説します。 化学工場以外でも幅広く使われている屋外タンクですが、変形事故は昔から頻発しています。 古典的でいまさらこんな問題起こすのか・・・?と思うかもしれませんが、現に起こっています。...
配管

化学工場の挟み込み部品とメンテナンス性 みぞ型・バタフライバルブ・ヘッダー・チャンネルカバー

バッチ系化学工場の挟み込み部品と典型的な配管構成について解説します。 挟み込み部品は何も考えずに配管を取り付けると、後々大きな問題になります。 挟み込みのことをジゴクと呼びこともあります。 一度付けてしまうと取り外しが困...
配管

上取りと下取りのどっちがいい? メイン配管からサブメインや枝取りするときに悩む微妙なケース

メイン配管からサブメイン配管や枝取り配管をとる場合の考え方について解説します。 化学工場の配管から枝を取る場合に、上取りなのか下取りなのかちょっと悩みます。 適当に配管図を見ているだけだったり、配管図面屋さんに任せてい...
配管

化学工場の設計者の基本アイテムであるコンベックススケールの使い道を紹介 配管寸法・設備寸法・作業空間・規制距離

コンベックススケールについて解説します。 コンベックススケールとはいわゆる普通のスケールの事です。 私は以下のようなスケールを使っています。 メジャーとも言いますね。 タジマツール ス...
タイトルとURLをコピーしました