化学工場の機械エンジニアが建設プロジェクトで配管設計にかける想いの推移

図面,現場プロジェクト

NEONEEETです。

配管設計はこだわりが大事!

時と場合に寄ります

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場の建設プロジェクトで配管設計にかける想いの推移について知ることができます。

化学工場の建設プロジェクトで配管設計にかける想いの推移

化学工場の建設プロジェクトで配管設計にかける想いの推移を紹介します。

化学工場の機械エンジニアなら配管設計は相当こだわりを持つべき業務です。

ここを雑に扱うということは、

  • 機械エンジニアの業務そのものを雑に扱うということ
  • 化学工場の運転員のことを考えないということ
  • プラント建設の思想をないがしろにするということ

という精神論っぽい話に至りますが、本当に大事です。

この想いはプロジェクトという長い時間の中で当然ながら推移しています。

どんな風に推移していくかをまとめてみました。

予算化段階

予算化段階では配管のレイアウトのことはほとんど意識していません。

あえて意識するといえば

  • 配管総量
  • プラント内への配管引き込み方法
  • 配管口径
  • 配管材質

これくらいだと思います。

予算化段階では詳細設計を行う時間的余裕はなく、配管に関する思想はほぼないといって良いでしょう。

本当はこの段階で配管に対するこだわりを持つ方が良く、そういうエンジニアは希少価値があります。

機械設計段階

機器設計段階でも配管に関する思想を持たないエンジニアは割といます。

本当はこの段階では以下のことをちゃんと考えていないといけません。

  • 配管口径
  • ノズル口径
  • ヘッダーの並び
  • 必要な計器類の設定

これらができていないと、配管設計に掛かれないのが普通。

でも機器設計を疎かにしているエンジニアは本当に多いです。

機器設計書を仕上げる余裕がなくて、パスして購入に至るケースが多い。

配管設計に対してこだわりを出し始めるタイミングです。

P&ID作成初期

P&ID作成初期には配管設計に対して明確にこだわりを持っていないといけません。

面倒だから配管図を作成するまでは考えなくていい

こんなエンジニアだらけ。

でも、P&IDを書くためには配管設計をイメージしていないといけません。

配管ルートやヘッダー類は最低限必須。

ここが固まっていないと、配管図は書けないですからね。

配管図作成初期

配管図作成初期には、機械エンジニアは図面屋さんに指示をしないといけません。

この段階では機械エンジニアは自分が持っている、こだわり100%を表現する必要があります。

「こだわり」とは要求事項と読み替えても良いです。

図面屋さんに対する配管設計の要求事項です。

このイメージをできるだけ早い段階でできるだけ正確に、図面屋さんに伝えないと

配管設計が後戻りして、低質な配管が出来上がります。

ここでこだわりを出せないエンジニアは、思想がないエンジニア。

そんなエンジニアだらけなのが実情ですが・・・。

配管ヘッダー検討図

配管ヘッダー検討図も配管図作成段階と同じでこだわり100%を展開しなければいけません。

配管ヘッダー検討図は、配管図の1次レビューと言えます。

配管図作成初期に要求したこだわりが、結果として初めて出てくるのがこの配管ヘッダー検討図。

ここで自分の要求事項がちゃんと伝わっているか、修正することがないかを確認します。

これをしないで先に進めると、配管図の質はどんどん悪くなります。

配管図レビュー

配管図のレビュー段階では、ある程度の妥協をし始めないといけません。

配管図レビュー段階で100%の要求事項を出すエンジニアもいますが、これは間違い。

この段階までくると、配管図の修正が追い付かないケースが出ます。

配管図発行までの時間がない中で、修正できる分量は限定されています。

これを知らないエンジニアは、

配管図初期にも想いを伝えず、配管ヘッダー検討図でも想いを伝えず、配管図レビューでは諦める。

という思想を全く持たない配管図を仕上げることになります。

何回も書きますが、こんなエンジニアは非常に多いです。

現地工事初期

現地工事初期には多少のこだわりを持っていも良いでしょう。

  • 配管の傾きがおかしい
  • 配管の立ち上がりが傾いている
  • フランジの切込み位置がおかしい

とはいえ、これをやり過ぎると時間もコストもかかります。

実際には、この段階ではこだわりを捨ててスルーするべきです。

現地工事終盤

現地工事終盤では、妥協の連続です。

運転に支障がでるこだわり以外は全て捨てる。

この理解が機械エンジニア的には大事。

初期に100%のこだわりを持っていて、妥協した結果60~70%のこだわりが残ればそれでOKでしょう。

最後まで100%のこだわりを持つエンジニアは、プロジェクトとしては迷惑な存在ですよ。

最後に

化学工場の建設プロジェクトで配管設計にかける想いの推移を紹介しました。

予算化段階・機械設計段階・P&ID作成初期・配管図作成初期・配管ヘッダー検討図・配管図レビュー・現地工事初期・現地工事終盤に分割しています。

P&IDや配管図を書き始める段階で100%のこだわりを持ち、以降は妥協していくイメージです。

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました