PR
土建設計

2階建てと1階建てのどちらがメリットがあるか考えました

2階建てと1階建て 土建設計
記事内に広告が含まれています。This article contains advertisements.

化学プラントのような建設に関わっていると、2階建てと1階建てのどちらにするか考えることがあります。

自分で使うわけではないけど、与えられた条件を満たすために設計要素を組み合わせて最適化する。

オーナーズエンジニアの仕事でも、特にやりがいのある部分です。

家などの生活空間とは違って、作業や執務をする場所の場合には、考えることがいろいろあります。

どちらが正解というわけでもないので、メリットデメリットを比較して都度選んでいくことになるでしょう。

2階建てと1階建て

2階建てと1階建ての比較として、以下の例を考えましょう。

2階と1階

□に相当するものは設備です。

2階建ての場合も1階建ての場合も、建物の外形は同じです。

1階には雨に濡れてはいけない設備や作業空間があると考えましょう。

逆に、2階部分は部屋ではなく1階の天井を活用しています。

1階建ての場合には、2階部分に設置しているものを地面に置いたイメージです。

この条件で、何が変わるのかを比較しましょう。

2階建ての特徴

まずは2階建ての特徴を考えましょう。

2階建ては面積最小

2階建ての最大のメリットは敷地面積を最小化できるということです。

狭い日本で、設置できる土地が少ない場所では、敷地面積を下げる工夫はとても重要です。

コスト度外視で2階建てのように上に延ばす建屋構造にせざるをえなかったりします。

特にプラント建設ではコストの話が問題になりますし、最近は建築費用が高騰しているので、2階立てにするべきかどうか経営問題になりかねません。

2階建てはプロセス上のメリットがある

2階建てはプロセス上のメリットがあります。

  • 自然流下で流量調整がしやすい
  • 粉体など自重で投入が可能
  • オーバーフローラインやガスラインなど配管を高い位置に施工させやすい

プロセス面では高さがある方が有利に働くことが多いです。

反応器や塔のように大型の装置なら2階建てでも高さが足りず、3階建て以上が要求される場合もあります。

むしろ装置の都合で階高さが決まってしまって、1階建て(平屋建て)にするという思考が抜けてしまいがちですね。

2階建ては拡張できる可能性がある

2階建てだと拡張可能性が広がります。

装置を乗せる2階部分は、人がアクセス可能な鉄板などで作り上げます。

2階部分で装置の無い場所に、物を置いたり作業をする場所にしたり、屋根を付けたりとできることは増えていきます。

化学プラントのように改造が多いが一度立てると修正が難しい場合には、拡張可能性が高いことは1つのメリットになります。

1階建ての特徴

1階立ても同じように考えましょう。

1階建ては建屋部材を細くできる

1階建ては建屋部材を細くできます。

天井は折板など部材を安価な物に可能。

2階部分の荷重がないために、柱・梁・基礎などの強度を下げることが可能です。

一方で、地上に置く装置のための基礎は追加で必要になります。

どちらの方が金額的にメリットがあるのかは、検討項目となりえます。

一般にイニシャルコストは1階建ての方が安いですね。

1階建ては安全側

1階建ては2階建てよりも安全側です。

  • 設備が高い位置になく転落のリスクがない
  • 人が2階に上がることがなく、転倒転落のリスクがない
  • 危険な液など取り扱い物質を、高い位置に持ち運ぶ必要がない

できることなら1階建ての方が安心ですね。

あまり変わらないもの

2階建てでも1階建てでもあまり変わらない要素もあります。

ランニングコスト

ランニングコストとしては大きな差は一般には認められません。

2階の設備に液を送るためにはポンプが必要だから、ランニングコストが上がりそうな気もしますが、そうでもありません。

1階の設備の間で液をやり取りする場合にも、ポンプは必要になります。

揚程が少し変わるくらいですが、自然流下が動力を下げる効果もあるので、ランニングコストに影響が出る可能性やあまり高くないでしょう。

配管・配線などの費用

建物建築の費用は、面積や部材に応じて変わりますが、付帯設備としての配管や配線の費用はあまり変わりません。

m数という長さの単価で決まる工事で、2階建てでも1階建てでも施工距離があまり変わらないからです。

2階建ての方が足場が必要になったりスタンドが追加で必要になって高くなる可能性はありますが、建物を活用したら解決したりします。

参考

created by Rinker
¥3,080 (2024/05/23 10:53:21時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事

最後に

2階建てと1階建てのどちらがメリットがあるか考えました。

2階建ては敷地面積を最小化でき、プロセス上もメリットがあり、拡張可能性があります。

1階建ては部材を細くできるため建設コストを安くすることができますし、工事や作業でも安全側です。

どちらのメリットも一長一短ですので、個々に検討できるようになりましょう。

化学プラントの設計・保全・運転などの悩みや疑問・質問などご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です。)

*いただいたコメント全て拝見し、真剣に回答させていただきます。