化学工学

化学工学

化学プラントの”チラー水”の使い方と注意したいポイントを技術系エンジニア向けに解説

"チラー水"について解説します。 化学プラントの運転上とても大事なユーティリティの1つです。 運転でも設計でも保全でも、冷水と関わる機会は多いものの全体像の一部にだけ関わっているということが多いです。 できるだけ様々な視...
化学工学

【新入エンジニア向け】化学プラントで”スチーム”(“水蒸気”)が大事な理由と使用箇所を解説

"スチーム"("水蒸気")について解説します。 化学プラントではごく当たり前に使うスチーム。 スチームを使う理由や使いみちはエンジニアとしては是非とも理解しておきたいところです。 入社1年までの間に知っておきたいけど、実...
化学工学

【罠にハマりがち】化学プラントの連続”分液”装置回りの配管設計で気を付けたいことをまとめて解説

連続分液装置の配管設計で気を付けたいことをまとめました。 配管設計の中でも罠的な部分が多い箇所です。 実験でよく行う分液を、装置としてくみ上げるには違った目線での注意が必要です。 この辺りがマスターして瞬間的に使いこなせ...
化学工学

【古典的だからこそ効果的】”液体”の密度・重さを利用した化学プラントでの運転制御の例を8つ解説

化学プラントでの運転制御で液体の密度・重さを利用した方法を解説します。 水の密度や状態を利用した運転は、化学プラントに限らず一般的な機械でもごく当たり前に行っています。 古典的な話に見えますが、運転の本質的な部分です。 ...
化学工学

“エアコン”の冷却能力を設計するときに考えること 伝熱計算のイメージ 室内熱負荷・換気

"エアコン"の能力設計の考え方を紹介します。 夏場の熱中症が特に話題になっていますよね。 エアコンメーカーに「とりあえずエアコンを付けてほしい!」って依頼します。 工場ではこれだと失敗することがあります。 なんかあ...
化学工学

温いビールや炭酸水は不味い 身近な現象で理解する化学工学 ”ガス吸収” 液体への気体の溶解度

"ガス吸収"について、化学工学のトピックス的な話を紹介します。 化学工学に限らず現場レベルでのエンジニアリングをしていると、即断できるレベルでの知識に落とし込まないといけません。 この場合、慣れ親しんだ身近な現象とリンクさせる...
化学工学

【細かい違い】”窒素”を危険物タンクに接続する2つの方法を解説 タンク直接・ガスライン切込

"窒素"の危険物容器周りでの使い方をいくつか解説します。 窒素は化学プラントではとても大事な物質です。 引火性の危険物に対する保安目的で、非常に多くの場面で登場します。 危険物を扱う場所ではとりあえず窒素を入れていれば良...
化学工学

身近なはずの”湿度”の基本を化学プラントの機電系エンジニア向けに解説 水蒸気圧・絶対湿度/相対湿度

"湿度"について解説します。 天気予報でなじみがありますが、どういう意味なのかということ意外と知らないと思います。 熱中症の問題でも湿度が付いて回りますし、工場でも湿度と格闘している人もいると思います。 湿度は実は化学工...
化学工学

槽型反応器の”伝熱計算”を解説 濃硫酸を希硫酸に希釈する場合を例に 希釈熱・物質バランス

槽型反応器内での"伝熱計算"を解説します。 硫酸希釈を例に紹介します。割と一般的な工程で、システムとして販売されていたりします。 以下の硫酸を得る工程を考えましょう。 硫酸濃度5%硫酸液量5m3温度30℃ 使用する...
化学工学

“熱量”の公式Q=mcΔtを使った設備設計をプレート式熱交換器を例に解説 質量流量・比熱・温度差

"熱量"の公式Q=mcΔtについて解説します。 熱の基礎知識として義務教育でも学ぶ内容です。 大量の熱を扱い化学プラントでは熱に関する設計は、競争力を左右する重要な要素です。 熱の基本公式としての熱量Q=mcΔtを使う例...
タイトルとURLをコピーしました