化学設備メーカー

化学設備メーカー

グラスライニング装置メーカーに対する個人的なイメージ

グラスライニング装置メーカーの個人的なイメージをまとめました。 神鋼環境ソリューションがやはり一番信頼できます。日本ガイシは二番手・GL HAKKOは今後に期待という感じです。 どこか1社に偏った付き合いは、長期的には好ましくないので、メリットデメリットを考えてユーザーごとに戦略を持たないといけないでしょう。
化学設備メーカー

設備トラブルの原因対策についてメーカーと打ち合わせするときの落としどころ

設備トラブルの応急補修が終わった後、原因や対策を考えていくときに、メーカーと議論するにはコツが必要です。 出す情報が少なかったり、責任を押し付けたりすると、メーカーは逃げていきます。 メーカー技術者を捕まえるためにオンライン会議は有効です。 メンテナンス関係など未知の情報をお互いに調べていくという前向きな方向で議論すると、協力的になってくれやすいです。
化学設備メーカー

設備メーカーとの対応で悩むこと5選

ユーザーエンジニアとして設備メーカーと関わっていると、悩むことがあります。 嫌というほどの否定的な事ではありませんが、いつも同じ対応をせざるを得ずに、もっと何とかならないかと不満を持ちながら、何ともならないということがあります。 取引が長い...
化学設備メーカー

化学設備メーカー営業の嫌な対応3選【反面教師】

設備メーカー(maker)の対応で、いつも嫌になっている部分を紹介します。 この辺りが良くなるだけでも、全然違うのに・・・。 20年近くこの仕事をしていて感じたことを、3つ取り上げます。 反面教師として、自分の仕事でも考えたいところです。 ...
化学設備メーカー

キャンドポンプを化学プラントで15年使ってみた感想

帝国電機製のキャンドポンプ(canned pump)を使ってみた感想です。 ユーザーとしてキャンドポンプに関わってきて15年以上、お世話になっているポンプです。 これからも使い続けていくでしょう。 選定するうえでの注意などをまとめてみました...
化学設備メーカー

半導体需要などでフッ素樹脂が手に入らない!

フッ素樹脂(Fluororesin)の材料が手に入らないときにどんな対応をすべきかを、ユーザー保全目線で考えてみました。 2022年、あらゆる原料・部品の調達が怪しくなっています。 そんな中でもフッ素樹脂は半導体の需要急増に伴って、とても調...
化学設備メーカー

化学設備のメーカーPRを受けたときに有効な5つの質問

設備メーカーのPRを受ける機電系エンジニアの地味な悩みとして、何を質問していいかわからないということがあります。 PRを受けて質問がないか聞かれても何も質問が思いつかず、無言の空間が流れるなんてことも。 技術の進歩が少ない「変わらない化学プ...
化学設備メーカー

中小化学設備メーカーの技術力|専門性の実態

化学設備メーカー(equipment manufacturer)の技術力にスポットを当ててみます。 化学プラント全体的に技術力の低下が恐ろしい勢いで進んでいます。 設備メーカーはそれより1歩か2歩は先を進んでいるという感じでしょう。 ユーザ...
化学設備メーカー

スーパーバイザーSVと仕事をするプラント保全エンジニアが気を付けたいこと

化学プラントの設備について、SV(supervisor)の要請をすることがあるでしょう。 SVはプラントの保全に欠かせない存在です。 オーナーの設備保全エンジニアはいろいろと苦労をします。 上手く活用することでプラントの保全レベルは劇的にア...
化学設備メーカー

オンライン立会検査を化学プラント設備に適用する場合

化学プラント向けの設備のオンライン立会(web立会、リモート立会)検査(inspection)について解説します。 移動の自粛・テレワーク・多忙などの背景でオンライン立会を好むユーザーは一定数います。 立会検査の出張を旅行感覚で捉えるユーザ...