ラング係数って何?化学工場の投資金額の概算見積

金 予算 見積見積

NEONEEETです。

この見積、明日までにお願い

いや、ちょっとさすがに無理…。

この記事は、化学工場のプロセスエンジニアや機械エンジニアを対象としています。

この記事を読むと、化学工場で使用するラング係数について知ることができます。

ラング係数の定義

工場の設備投資金額の算出手法に、ラング係数という係数を使う方法があります。

係数法と呼ぶこともあるでしょう。

ラング係数の定義は極めて簡単

ラング係数 = 投資全額 / 設備金額

化学工場ではこのラング係数を使って、さまざまな設備投資額の算出を行います。

ラング係数の使うメリット

化学工場で、ラング係数を使うことで得られるメリットを紹介します。

瞬間で概算見積が可能

ラング係数を使うと、設備投資金額の概算見積が一瞬で可能です。

設備投資金額は機械系エンジニアなら、ある程度の感度を掴むことが可能です。

少し悩んでも設備メーカーに聞けば一瞬で出てきます。

最近は、設備メーカーも忙しくて回答しないケースも増えていますが…。

社内に過去の設備購入実績データがあるはずなので、それを使ってもいいでしょう。

この設備金額にラング係数をかけるだけで、概算の投資金額を見積することが可能です。

それこそ1日も掛からずに見積できます。

精見積の精度検証ができる

ラング係数を使うことで、精見積の精度検証が可能です。

化学工場では、概算見積だけで投資金額を決定することはありません。

精度アップを目的とした精見積を行います。

P&ID,レイアウト,製造フローなどのデータを使って、精度を上げていきます。

例えば、以下のような方法ですね。

  • P&IDから必要な配管口径と材質をリストアップ
  • レイアウトを元に1本1本の配管の長さを算出
  • プロセスフローを見ながら、必要な付帯設備を付加

こんな感じで、やや精度を上げるのが精見積です。

これを積算ということもあります。

積算はやや時間が掛かります。未だに人が行っています。

だからこそミスが起こりえます。

そのミスをダブルチェックするために、ラング係数を使います。

積算で積上げた投資金額を、設備金額で割ったラング係数が

極端に少ない・多いと積み上げがおかしい!

と判断できます。

設備投資に関する感度が上がる

ラング係数を使うことで、設備投資に関する感度が上がります。

機電系エンジニアは積算の精見積を行うことが多いでしょう。

出てきた結果をそのまま会社に提出するだけ。

それだと会社としての投資判断を身に付けることはできません。

精見積はあくまで精見積。

会社の経営層はラング係数で概算金額を予想しておき、精見積結果がずれていないことをもって、投資を判断します。

機電系エンジニアが精見積をかけるときに設備メーカーにヒアリングするのも、これと同じ関係です。

設備メーカーに聞く前にある程度の感度を持っている機電系エンジニアが、精度を上げるために設備メーカーにヒアリングしますね。

ラング係数は経験知

このラング係数、非常に便利ですが注意点があります。

会社や工場の環境に左右されるという点です。

化学工場では3~5くらいと言われます。

  • 工場建設/増改築
  • バッチ/連続
  • プラントのみ/付帯設備あり

いろいろな条件が加わることで、ラング係数は当然ながら変わります。

ラング係数を上手に使用するためには、過去の実績を蓄積する必要があります。

ラング係数は経験知ですね。

会社によってはデータの蓄積を放棄しているケースもありますが、

長期的にみるとデメリットだらけです。

最後に

化学工場で使用するラング係数について紹介しました。

概算見積が瞬間で可能。精見積のダブルチェックが可能。投資判断の勉強が可能。

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。


コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました