【スクリューフィーダー・ベルトコンベア】ロータリーバルブ以外の粉体輸送設備

撹拌化学機械

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象としています。

この記事を読むと、ロータリーフィーダーやテーブルフィーダー以外の粉体輸送設備の種類を知ることができます。

結論

バッチ系化学工場ではロータリーフィーダーやテーブルフィーダー以外にも

スクリューフィーダーやベルトコンベアが使われることがあります。

はじめに

バッチ系化学工場の粉体輸送設備は、ロータリーフィーダーやテーブルフィーダーが多いです。

これら以外にもいくつかの設備が使われるのでその種類を紹介します。

そして、その使い道にも触れます。

スクリューフィーダー

スクリューフィーダーはスクリューの回転を使って、粉体を輸送する設備です。

スクリューの羽根とケーシングの間のポケットに挟まった粉体は、スクリューの回転により押し出されます。

能力は羽根の大きさと回転数で決まる

フィード速度は、スクリューの羽根の大きさと回転数に依存します。

バッチ系化学工場では、粉体を建屋の下から上に上げるために使用することがあります。

上部に上げるときに使う

粉体の輸送は自重が基本ですが、そうとも言ってられない。

例えば建屋の高さが取れない時。

粉体を液体に溶かしたり、スラリーにしてポンプで送る方法もありますが、後処理が大変。

粉体のまま上部に上げようとしたら、方法は多くはありません。

  • フレコンなどに充填して、エレベータやホイストクレーンなどで上げる。
  • クローズ系でスクリューフィーダで上げる

他の粉体輸送設備でも上部に上げることは可能ですが、基本的にオープン系です。

バッチ系化学工場の粉体は、飛散しやすい物が多い割に、暴露防止のために黒オーズ系で扱わないといけません。

クローズ系で取り扱える点に、スクリューフィーダーのメリットがあります。

とはいえ、スクリューフィーダーを使わないようなレイアウトにするのが基本。

乾燥・加熱冷却・混合

スクリューフィーダーでは加熱冷却や混合も可能です。

バッチ系化学工場ではあまり使いませんが、用途として知っておいても良いでしょう。

なぜかというと、混合時の安全性データが得られにくい・監視しにくいという問題があるからです。

ベルトコンベア

ベルトコンベアのメリットは、その汎用性でしょう。

  • ベルトは形状も物性もいくつでも可能。
  • ベルトは変形しやすく、柔軟性がある。
  • 構造が単純

ベルトコンベアの次に有名なのがチェーンコンベアでしょうか。

いずれにしろ、オープン系での取り扱いになるため、バッチ系ではほぼ使いません。

おわりに

バッチ系化学工場では、粉体輸送設備としてロータリーフィーダーやテーブルフィーダーが有名ですが、その次に有名なのが

スクリューフィーダー

とはいえ、使う頻度は多くはありません。

スクリューフィーダーを使っている設備を見ると、色々な検討の末に最後の選択として採用したという苦労を感じてしまいます。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました