化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアで高圧ガス甲種機械を取得すべき3つの理由【工場の基礎】

図面,現場資格

NEONEEETです。

化学工場って資格勉強が大変です…

そうですよね~。特に機械系は10個以上取得しないといけませんよ~

そんなにあるんですか!
何から取得すればいいのですか?

いろいろあって悩みますね。
まずは、高圧ガス甲種機械です。おすすめですよ。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアが高圧ガス甲種機械を取得すべき理由を知ることができます。

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアはどの資格から勉強すべきか?

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアは、多くの資格を取得する必要があります。

大学で機械系の学習をしても、化学工場に入社した段階では右も左も分かりません。

分からないことだらけで、最初の数年は工場の全体像すら見えないでしょう。

目の前の仕事を1つずつ丁寧に処理していきながら

必要な国家資格も取得していきます。

この国家資格の中でも、高圧ガス甲種機械はおススメ。

今回は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアにとって高圧ガス甲種機械が大事である理由を解説します。

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアが高圧ガス甲種機械を取得すべき3つの理由

理由① 工場の全容を把握できる

どの業界でも、全容を把握することは大事です。

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアは、化学工場で全容を把握しにくいポジションにあります。

逆に、工場の全容を把握できるのは生産部門しかありません。

全ての支援部隊が生産部門のために存在しますので。

右も左も分からない機電系設計者・プラントエンジニアにとって、業界の全容を把握できる機会は

何よりも優先させたいです。

高圧ガス甲種機械は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアが工場の全容を把握するために、非常に好都合です。

試験範囲の章構成が秀逸

高圧ガス甲種機械の試験範囲は、化学工場の全域にわたるといって良いでしょう。

本屋に行ってテキスト・参考書を一目眺めてください。

章構成を見るだけで十分です。

一般的には、化学・熱・流体・材質・保安などの章に分けて構成されています。

この章構成が化学工場の全容そのものを示しています。

理由② 機械屋にとって大事な知識が多い

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアは、自身の業務が工場全体から見てどういう位置づけにあるか、認識するのが難しいです。

テキスト・参考書を見てください。

熱・流体・材質という機械系の知識が、前半に来ています。

本というのは、重要な知識ほど先に書きます。

機械系の知識が、本の前半に配置されているということは、それだけ大事ということです。

機電系設計者・プラントエンジニアとして誇らしく思ってください。

理由③ 数学物理の割合が大きい

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアは、多くの資格を取得しないといけません。

私も10個以上の資格を取得しています。

1年に1個以上取得する必要があります。

特に初学者にとって、確実に合格する資格を最初に勉強したいでしょう。

せっかく勉強しても、不合格だとモチベーションは上がりません。

化学工場向けの国家試験は「暗記物」が多いです。

化学が物理よりも暗記の要素が強いのと同じです。

ところが、高圧ガス甲種機械は計算問題の割合が高いです。

これは機械系にとって非常に有利です。

高圧ガス甲種機械は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアが取得する資格の中でも、知名度が高いわりに合格しやすい資格です。

高圧ガス甲種機械は化学工場の教科書

高圧ガス甲種機械のテキスト・参考書は、別名「電話帳」と呼ばれます。

ページ数が300ページを越えるテキストもあります。

文章でしっかり記載しています。

OJTでは上司の話を聞いて、理解することが普通です。

話を聞くだけでは理解が追い付かないこともあるでしょう。

テキストだと後で復讐できます。

この「電話帳」は、化学工場の教科書として使うことできます。

会社でこのテキストを見る人は少ないでしょうが、

仕事で話題になった問題を、家でテキストを見て復習することも可能です。

最後に

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアにとって、高圧ガス甲種機械は非常に重要です。

工場の全容を把握できる機会であり、機械系にとっても重要な知識が多く、計算問題が多い。

機械系にとって有益な資格です。

ぜひとも頑張りましょう!

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました