化学工場で気が付かないうちに起こる「液封」現象の罠を解説 温度膨張・圧縮/ボール弁・自動弁・凍結

液封配管

液封現象について解説します。

化学工場で気が付かないうちに起こりえるとても怖い現象です。

ケアをしていないと、いつ牙をむくか分からない猛獣な化学工場。

液封現象はそんな典型例でしょう。

液封の原理

液封は非常に恐ろしい現象です。

化学工場で配管設計をする場合、液封の可能性は常に考えるようにしましょう。

まずは液封という現象から解説します。

温度膨張

まずは温度膨張という物理現象の当たり前から解説します。

下の図を見てください。

温度膨張

上が常温の物体、下が少し温度を上げた状態です。

温度を上げると物体は伸びます。

この絵のようにかんたんのために1次元で考えて、長さL・温度差Δt・温度膨張係数αを使うと、

$$ L_1 = L_0(1+αΔt) $$

という関係式で考えます。これを線膨張とも言います。

3次元の場合は体積膨張と呼び方が変わります。

実際の物理現象上は体積膨張ですが、計算がややこしいですからね・・。

体積圧縮

次に体積圧縮について解説します。これも物理現象として一般的。

物体を押すと物体は縮みます。

下の図のとおり。

圧縮

押す力のことを圧縮力という言い方もしますね。

専門用語で体積弾性率で評価します。

$$ F = β({L_1}-{L_0}) $$

というフックの法則そのままの世界で評価ができます。

液封は何が危険

液封とは液体が閉じ込められている状態で温度上昇したときに起こる現象と考えて良いです。

液封の危険
  • 温度上昇をすると液体は膨張する
  • 膨張しようとしても閉じ込められているから膨張できない
  • 膨張を抑えるように液体は周囲から力を受ける
  • と同時に、液体は周囲に対して膨張力を与える

この状態が平衡関係にあれば問題にはなりません。

問題は、割と低い温度上昇で周囲側が負けてしまうということ。

周囲が負けるとは、内部の液体を閉じ込めることができずに外部に放出されることを意味します。

漏れですね。大変です。

簡単な計算

液封についてちょっとした計算をしてみましょう。

  • 20℃→25℃に上昇
  • 温度膨張率:0.2×10-3 1/℃
  • 体積弾性率:2,100 N/mm2

このデータを使いましょう。

水が5℃温度上昇して25℃になったときの、水の伸び量は

0.2×10-3×(25-20) = 1×10-3

となります。

この伸びに対抗するように、外部から水に加わる力は

1×10-3×2,100 = 2.1 N/mm2 = 2.1MPa

となります。

JIS10k(1MPa)のフランジが多いバッチ系化学工場では、2MPaの力に耐えるだけの配管や装置の能力ではありません。

つまり5℃も温度が上がろうものなら、液封で設備は簡単に壊れます。

昼と夜だけでも5℃くらいの温度差って普通にありますよね。

何気ない普通の状態でも液封は起こりえるということです。

恐ろしいですよ。

自動弁

液封の起こりやすさが分かったところで、液封が起こる場所を解説します。

まずは自動弁

自動弁

ポンプでどこかに液体を送る時に、自動弁が2つ入ったケースは要注意ポイントです。

ポンプを停止すする手順を見てみましょう。

  1. 流量計や液面計を見て一定量送ったことを確認
  2. 自動弁Bを閉める
  3. 自動弁Aを閉める
  4. ポンプを止める

こんな感じになるでしょう。

自動弁AとBの間で液封が起こってしまいます。

対応としては液を逃がすという手段になるので、以下のような手段が考えられます。

自動弁の液封対策
  • ポンプを止めた後で自動弁A自動弁Bを数秒開ける
  • 逃し弁のような安全装置を付ける

バルブの開閉くらい簡単でしょ?と思うかもしれませんが、人がいちいち気にしないといけないため忘れ去られる可能性があります。

長距離の配管になると、どこに自動弁が付いているかラインチェックも大変です。

その割にダメージが大きいので、リスクは除去したいですね。

自動弁を付けて自動化したとしても、液封対策の工程をシーケンスに含めていないと対策になりません。

仮にシーケンスを組んだとしても、課題は残っています。

  • 自動弁B側を開けて逃がす場合、流量計の設置位置によっては流量計でカウントされていない一定量が追加で送られてしまう
  • 自動弁A側を開けて逃がす場合、タンク液面が配管高さより高い場合は液がポンプ側に落ちていかない

運転条件に依存した対策となってしまいます。

汎用的ではありません。

それならばアナログだが確実な安全装置の逃し弁を付けようという発想になるでしょう。

逃し弁は安全弁の親戚です。

ボール弁

ボール弁自体にも液封が起こりえます。

ボール弁の概略図を示しましょう。

ボール弁液封

ボール弁はボール弁体シールの3点で成り立っています。

赤枠の部分は空洞になっていて、液が入り込みます。

その割に青色のシールで蓋をされて逃げ道が無くなってしまい液封となります。

機械的に強度を考えて、温度上昇が起きた時にどこから漏れるか考えてみましょう。

  1. 弁棒周りのグランドシール
  2. 弁座のシール(青色のシール
  3. 本体ガスケット

この3つくらいでしょう。

ここで1のグランドシールや3の本体ガスケットが最も弱い状態にある場合で、液封を起こすとプロセス液が大気に漏れていきます。

ということは2のシール部が弱くなるように設計するというのが1つの思想になります。

実際にこの方法は採用されています。

日阪製作所のサイトにも内圧上昇防止としてちゃんと書いてありますね。

同サイトには弁体そのものにも逃がし口を付ける構造を取っているようです。

凍結

水の凍結も実は液封と同じ原理で起きます。

基本的には水だけに当てはまります。

というのも水は氷になると体積が膨張するから。

温度膨張の説明でも、温度が上がるほど体積が膨張するのが普通と書きました。

でも水だけは別です。特殊です。

4℃で密度が最大つまり体積が最小になるという特性があります。

ということは4℃よりも温度を下げていくと、体積が増えるということです。

氷が水に浮くのも密度が小さいからです。

お風呂を沸かしたときに、熱い湯が上面に・冷たい水が下面に溜まるのも密度の話。

凍結をしたときにはすぐに気が付きません。

というのも氷の状態で周囲を破壊しても、氷だから漏れに気が付きません。

夜間や明け方に凍結が起きて破壊され、昼間になって溶けて水になって気が付くというパターンが多いです。

凍結だけでも鉄の配管を壊す威力があります。

凍結と液封は同じ原理なので、凍結も液封も怖いという感覚を持っておきたいですね。

最後に

ボール弁は構造がシンプルですが、それゆえに液封の問題が起きます。

液封は気が付かないうちに起こりえる割にとても危険です。

自動弁・ボール弁・凍結という視点で解説しました。

配管設計では常に液封の可能性を気にしておきたいですね。

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました