PR
働き方

化学プラントで働くためにゴルフは必要か?

ゴルフいらない 働き方
記事内に広告が含まれています。This article contains advertisements.

最近体の調子が良くなく、ブログをサボりがちです。

今日は少し体調がいいので、閑話休題的な話題にします。

ゴルフ。

会社員にとって悩ましい問題の1つでしょう。

化学プラントのように僻地に勤務地がある場合、ゴルフを趣味にする人は少なくありません。

ゴルフをしないといけないのか?したら有利になるのか?について考えました。

なお、私は20年間全くゴルフをしていません。

必須ではない

結論から言うと、ゴルフは必須ではありません。

ゴルフをしている人が昇進するわけでもなければ、その逆もありません。

経営層などトップクラスであっても例外ではありません。

ゴルフは社会人にとって当然身に付けておくべきこと、という風に言われるかもしれませんが、そんなことはないでしょう。

人が少なくなっている現在では、なおさらですね。

私も周りの人から「ゴルフをしたらどう?」といっぱい声を掛けられましたが、その都度断ってきて、それで何か不都合が起きたことはありません。

社内ネットワークは広がる

ゴルフをすると社内ネットワークが広がりやすくなります。

会社以外でコミュニケーションを取れる機会ですからね。

昔はかなりの人がゴルフを通じた会話をしていましたが、最近は滅多に聞かなくなりました。

雑談をするという雰囲気とか、家族的な雰囲気というのが薄くなっていったからですね。

それでもゴルフをしていれば、ネットワークが広がること自体は確かです。

機電系エンジニアは化学工場の中でも一定の距離を置かれた組織となりがちなので、工場の中に入っていこうとしたらゴルフは1つの手段ではあります。(これが必須ではなく、仕事上でちゃんと工場の運営の中にドップリ浸かることは可能なので、心配する必要はありません)

プライベートが阻害される

ゴルフをすると確実にプライベートが阻害されます。

社内のコンペとか、仲の良い人たちと一緒にゴルフに行ったり、練習に行ったら同僚が居たり・・・など様々なイベントがあります。

共通して言えることとして、土曜日日曜日など休みの日に、会社の人と会うということ。

私はこれが許容できませんでした。

仕事で嫌な関係になった人と、何で休みの日でも会わないといけないのだろう。

全員が全員と嫌な関係になるわけではないですが、いつそうなるか分かりません。

ゴルフだけでなく、その後で飲み会があるかも知れませんね。

メリットもありますがデメリットもあるのがゴルフだと思っています。

お金が掛かる

ゴルフはお金が掛かります。

道具を揃えることもそうですが、プレイをするたびにお金が掛かります。

お金を掛けて、休日に会社の人に会ってストレスを貯めるのは、罰ゲームでしかないと思っています。

ゴルフの後に飲み会があれば、もっとお金が飛んでいきますね。

参考

created by Rinker
¥2,750 (2024/06/15 19:09:39時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

最後に

化学プラントで働くためにゴルフは必要か?ということを考えました。

家族的な雰囲気がある組織であれば、ゴルフをしても一定の効果があります。

今はそういう雰囲気はかなり少なくなっていて、ゴルフをしなくても良い関係性が作られて行っているでしょう。

プライベートは阻害されるし、お金も掛かるので、良いことはないと思っています。

化学プラントの設計・保全・運転などの悩みや疑問・質問などご自由にコメント欄に投稿してください。(コメント欄はこの記事の最下部です。)

*いただいたコメント全て拝見し、真剣に回答させていただきます。

ブロトピ:今日のブログ更新