運転

運転

スチーム(水蒸気)は思った以上に危険

スチーム(水蒸気)は実は結構怖いです。 火傷する危険性は分かりやすいですが、静電気を発生させたり、物を腐食させたり、詰まりや設備の破損を起こす可能性もあります。 身近な水を使っているので危険性が認知されにくいですが、実際にはかなり怖いです。
運転

マテリアルハンドリングの設計をするうえで大事なこと

化学プラントでマテリアルハンドリングの設計をするためには、みんなで話し合える環境・すぐにNGをださない・作業の言語化・略図を書く・少し予算をすぐに割り当てる・お試しで作業できる場所、が必要です。 これらのスキルが無いと1年~2年のレベルで、設計が遅れていきます。 会社としては結局は損ですね。
運転

バッチ系化学プラントの特性を比較する時に調べること

バッチ系化学プラントの特性を比較するためには、主要な情報を数個集めると良いでしょう。 反応器の数・容量と材質や圧力が最も重要です。 濾過乾燥や充填塔・高圧設備で差が生まれます。 他にポンプや熱交換器を除いた、特殊設備はプラントの特性となるでしょう。
運転

化学プラントのどこが怖い?4パターン

化学プラントで怖いという表現を使っても、ニュアンスは微妙に変わります。 良く分からない怪しいという疑問の目で見る外部と、危険性を理解していないけど扱ってしまう現場、間違った理解をされた現場から問い詰められるのが怖い研究。 怖いというイメージを緩和するには、多大な努力が求められます。
運転

化学プラント部外者向けの工場見学の準備と進め方

化学プラント内の工場見学は調整だらけです。 見学者のニーズを知り、どこのプラントを案内するか考えます。 課長にお願いしたり間接支援系の職場にも依頼します。 保護具や移動手段の確保も必要。 懇親会も必要になるかも知れませんね。 英語が必須の場合は、さらにハードルが上がります。
運転

ポンプを使ったスラリーの配管輸送は起動前が怖い

ポンプを使ったスラリーの輸送は、起動前が一番怖いです。 流速が一番遅いからというのが理由。 ポンプ起動時に詰まってしまうと後が大変ですので、スラリー濃度や配管設計など設計段階で勝負を決めてしまいましょう。
運転

重要設備は複数台でカバーすると便利

化学プラントでは重要設備は複数台でカバーすることが戦略的に重要です。 コスト削減のために1台設置で済ませようとしがちですが、長期的な運転では不利です。 低負荷運転やトラブル対応など安定した運転をするためには、複数台化させましょう。
運転

試製造時に本気で頑張らないとこうなる

試製造を本気で頑張らないと、生産性が上がらず・原因不明のリスクが残り・気が付いたら忙しくなっています。 それ以上に、技術者としての実力が付きません。 会社人生の中で10回も経験するわけではないので、しっかり取り組みましょう。
運転

立ち上げ時は計器を信じすぎると罠にはまる

プラント立ち上げ時は計器を信じすぎると罠にはまります。 水運転で確認出来ていても、実運転で何かしら問題になります。 壊れにくく測定対象が分かりやすい主要計器ですら、観測できるあらゆる情報と整合性を取りましょう。 設備を現地で確認することも必要となってきます。
運転

プラント運転中の現場でお試し的に設備を変える方法

化学プラントの運転中の現場で、お試し的に設備を変える方法を解説しました。 サンプリングが必要な場合には、二重バルブと単管を使います。 ガスケットのテストは上ノズルにバルブとブラインドフランジを付けます。 材質のテストなら、試験片が入れれるような部材を作り、上から挿入しましょう。 失敗しても漏れが最小限になるように。