保全

保全

【”振動”工学の応用】動機器が運動することで梁や基礎に伝わる力の解析を化学プラント向けに解説

"振動"工学のちょっとした応用を化学プラントに適用してみましょう。 設備設計のエンジニアとしては、この概要だけ知れば十分です。 他の記事で振動に関する理論的な解説をしていますが、実務では全く使いません。 梁や基礎に伝わる...
保全

化学プラントの図面で部品型番を正しく書くべき理由 長く運転保全をするために設計者は理解しよう

図面には部品"型番"を正しく書きましょう、という話です。 型番については意外と雑に扱われるシーンが、少なくとも化学プラントの設備関係では散見されます。 普段の仕事で忙しい中で図面チェックを何となくしていると、見過ごしがち。 ...
保全

【設備保全エンジニア向け】化学プラントの設備に使う”非破壊検査”の種類と特徴を分かりやすく解説

"非破壊検査"について解説します。 化学プラントの設備を長く使うためには、定期的な検査が必要です。 この中でも専門的な技術が非破壊検査。 外部委託することが普通なので、設備保全エンジニアが使いこなせるケースは少ないと思い...
保全

“浸透探傷検査”・カラーチェック・PT検査と化学プラント向け設備の溶接検査で注意したいこと

"浸透探傷検査"について解説します。 カラーチェック、PTなどの表現で馴染みのある人もいるかもしれませんね。 溶接の検査として一般的です。 化学プラントのエンジニアとしては溶接の知識は、専門家ほど詳しくなる余裕はないでし...
保全

回転機器の整備で大事な”動バランス” 設備保全エンジニアとして知りたい概要をまとめて解説

"動バランス"について解説します。 化学プラントの回転機器でたびたび話題になりますが、何を行っているか意外と分かりにくいものです。 理論的な部分は除いて、概要だけを説明したいと思います。 動バランスを取らないと振動が大き...
保全

設備の保全方針設定の考え方 ”TBM”と”CBM”のどちらを選びますか? バッチ系化学プラントの例

"TBM"と"CBM"の使い分けについて私なりの考え方を紹介します。 化学プラントのような設備産業と言われる設備では、設備のメンテナンスはとても大事です。 メンテナンス方法としてTBM・CBM・BMという3つの指標を使い分けま...
保全

【設備保全エンジニア向け】”定年退職”でメンバー入れ替わって5年も経てばこうなっている・・・かも?

団塊世代の設備保全エンジニアが"定年退職"で完全に仕事を辞めてしまった入れ替わって数年。 設備保全エンジニアの今後を勝手に想像してみます。 弊部の設備保全エンジニアを見て感じたことです。独断と偏見だらけでしょう。 世間で...
保全

設備保全エンジニア初心者が最初に知っておくべき設備の交換”部品”の基本 動く部品は消耗品

化学プラントのメンテナンスで交換すべき"部品"の基本形を紹介します。 メンテナンス計画を考える上で、交換部品の選定・調達や予備部品の管理はとても大事です。 日常点検・SDMそれぞれの点検で、「実は○○の部品を点検交換していませ...
保全

設備が”故障”したそのとき 設備保全エンジニアの対応を初心者・中堅・ベテランの3ランクに分けて解説

プラント設備が"故障"したとき、化学プラントの設備保全エンジニアが最も活躍します。 設備故障に対してどういう振る舞いをするかは、設備保全エンジニアの仕事の成果として明確に分かれます。 初心者→中堅→ベテランという3段階にザック...
保全

化学プラントでの”サイクロ減速機”の日常メンテナンスの実際 潤滑油・電流・騒音・温度・振動

"サイクロ減速機"のメンテナンス上の注意点について説明します。 サイクロ減速機は化学プラントで非常に多く使います。 撹拌槽など回転数を落として動かしたい機器に使います。 あらゆる動機器は壊れることを想定していますが、特に...
タイトルとURLをコピーしました