【DCS・サーバー】UPSを化学工場で使う理由

電気電気設計

NEONEEETです。

この記事は、化学工場で勤務する人を対象としています。

この記事を読むと、UPSのバッチ系化学工場での使い道についてを知ることができます。

結論

今回の結論です。

UPSは瞬停に耐えるための保護装置

UPSはバッチ系化学工場ではDCSやサーバーに使う。

はじめに

電気の話は、ほとんどの人は理解していません。

電気を知らない大半の人はそもそも勉強する気がない。

電気を知っている工場の電気専門家が素人に教えるのが下手。

という状況がどこの工場でも多いのではないでしょうか?

そこにチャレンジする企画です。

UPSとは

UPSは無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply)のことです。

商用電源の停電や瞬停を保証するためのものです。

特にコンピュータの普及に伴って発展していきました。

デスクトップ型コンピュータでも他の家電でも、家のブレーカーが落ちれば

即停止します。

これが普通。

ノート型パソコンや携帯電話や携帯型ゲーム機が出始めてバッテリーが普及していきました。

だから、電源が止まれば即止まるということから遠ざかっている方向で

目が向かなくなっていっています。

DCSが止まると終わり

DCS、つまり分散制御システム(Distributed Control System)は化学工場の制御の頭脳です。

これが止まると工場は終わりです。

心臓部から電気を供給されて、初めて頭脳であるDCSは動きます。

この心臓が止まることが

停電

そのため、UPSは基本セットとして組み込んでいます。

サーバーが止まると結構終わり

現在の工場ではDCSからの運転データを、サーバーに蓄積しています。

そのデータを様々なソフトやアプリを使って、有効活用しようという取り組みのためです。

このサーバーが停電で止まってしまって、復帰できなくなったら終わり。

コンピュータが強制終了して、復帰できなくなるのとは次元が違います。

コンピュータが強制終了しても慌てる人もいます。

それよりも遥かに大きな問題が起こるリスクを減らすために、サーバーにもUPSを付けます。

サーバーは専門の部屋を設け、セキュリティレベルを上げ、

地震や津波にも耐えられる構造にしていることが多いと思います。

おわりに

UPSは人体でいうと心臓が一瞬止まってもすぐに復帰させるという意味で、AEDのようなものでしょうか?

電気を使い続け、一瞬でも止まってはいけない設備として

DCSやサーバーなどに使用します。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました