【固定・たわみ】軸継手と化学設備で使う種類

機械化学機械

NEONEEETです。

継手って何かしら繋がっていたら良いんでしょ?

大半の場合はそれでいいでしょう。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、軸継手と化学設備で使う種類について知るとができます。

軸継手と化学設備で使う種類

今回の記事では、軸継手について紹介します。

軸継手も機械装置の大事な部品の1つ。

モーターと回転羽根を繋ぐ連結装置ですね。

軸継手以外の方法はVベルトが一般的ですね。

とはいえ、ほとんどの場合は軸継手を使います。

化学工場の設備も軸継手を使うのが基本です。

固定軸継手

固定軸継手は軸どうしをガッチリ固定させます。

構造としてはいたってシンプルです。

下の図を見てください。

2つの軸の末端がフランジ構造になっています。

フランジをボルトで固定すれば終わりです。

ボルトを使わずに、キーで止める場合も発想は同じです。

2つの軸が完全に一致する場合に使います。

化学工場の設備は基本的にこの固定軸継手が多いです。

モーターと回転羽根がずれている場合はどうするのだ?

という意見もあるでしょう。

その問題よりも、位置調整をちゃんと行って、完全に固定させることを好みます。

というのも、効率ロスを極小化したいからですね。

特にバッチ系化学工場では設備が小さいから、継手前後のズレが大きな問題にならないということもポイント。

たわみ軸継手

たわみ軸継手は固定ではなく「たわみ」があります。

固定軸手のように、継手前後が完全に一致している必要はありません。

多少のズレを吸収するために、たわませます。

構造は以下のとおりです。

この例は、フランジ型たわみ軸継手と言います。

2つの軸にフランジを付けて、間をボルトで通します。

ここまでは固定軸継手と全く同じ。

違いは、ボルト固定部にゴムを付けていること。

ゴムでたわみを吸収させようという発想です。

この他にも、星形ゴム軸継手・タイヤ型ゴム軸継手・ギアカップリング・チェーン型軸継手などがあります。

いずれも、変形を吸収する部材を挟んでいるのがポイント。

バッチ系化学工場では遠心分離機に使います。

遠心分離機では高速回転をするため、わずかな軸のズレでも大きな影響がでます。

これを人力で固定軸継手で固定することは不可能。

多少のエネルギーロスは発生するし、ゴムなどの消耗品が出ることは仕方がありません。

それよりも高速回転の性能を優先しないといけないのが、遠心分離機です。

最後に

軸継手と化学設備で使う種類について紹介しました。

固定軸継手とたわみ軸継手。

化学工場の設備では固定軸継手が多いです。

たわみ軸継手はフランジ型たわみ軸継手を使います。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました