【TP-A電気抵抗溶接・TP-Sシームレス】化学工場のステンレス配管はシームレス一択

配管配管

NEONEEETです。 

SUSはシームレス一択!

むしろ溶接なんてあったのですね。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場のステンレス配管はシームレス管を選択する理由を知ることができます。

化学工場のステンレス配管はシームレス一択

化学工場のステンレス配管はシームレス管を選択する理由を紹介します。

ステンレス配管もSGPと同じく、配管の製作方法の違いは存在します。

TP-A(電気抵抗溶接)、TP-S(シームレス)と表記します。

SUS304ならSUS304 TP-Sという感じですね

化学工場のエンジニアならTP-Sという表現すら意識せずに「SUS304」、「SUS316L]という名前だけを認識しているでしょう。

実際に購入した配管の仕様や実物に記載してある仕様を眺めてみてやっと

「TP-S」ってなんだろう

って疑問に思う程度です。

それくらい当然のものとして、シームレス管を使っています。

TP-SとTP-Aに関しては、以下のサイトが参考になります。

化学工場でシームレス管を使う理由

化学工場で使用するステンレス配管はJIS G 3459「配管用ステンレス鋼鋼管」が一般的です。

このステンレス配管はTP-AとTP-Sという2種類がメジャー。

その中でもTP-Sばかりを使いますが、そのメリットを紹介します。

継ぎ目からの腐食がない

TP-Sのシームレス管には継目がないため、腐食の可能性が相対的に低いです。

TP-Aの溶接管は、溶接継ぎ目があります。

ここは完全には除去できません。少なくとも、熱影響部は残り続けます。

化学工場でステンレス配管を使う場合、漏れたら危険であり腐食性が高い薬液を扱います。

絶対に漏らしたくない

という安全性を高めるために、シームレス管を採用します。

特に応力腐食割れが腐食の形態として多い化学工場では、その原因となる溶接を極力少ないと考えます。

調達性が悪くない

TP-Sのシームレス管は調達性がそこまで悪いわけではありません。

TP-Aの溶接管のデメリットが無いTP-Sの方が加工が難しく調達しにくいと思う人もいるでしょう。

ところが、実際にはそこまで調達性が悪くはありません。

価格は若干高いですが、劇的に高いわけでもなし。

化学工場ではTP-Sには目立ったデメリットが無い、という良い方もできるでしょう。

漏れても良いので、コストを重視してTP-Aにする会社もあるでしょうが

そのコストに見合ったリスク管理ができる会社は少ないです。

結果、災害という大きなコストを支払うことになります。

配管精度は問わない

TP-Sのシームレス管はTP-Aの溶接管よりは配管の製作精度はよくありません。

SGPの熱間仕上げと冷間仕上げのような位置づけですね。

SGPでも製作精度を問わず、熱間仕上げを採用することが多い化学工場。

ステンレス管も同じように製作精度はあまり問わないので、TP-Sで十分対応可能です。

最後に

化学工場のステンレス配管はシームレス管を選択する理由を紹介しました。

継ぎ目からの腐食がない・調達性が悪くない・製作精度も問わない。

溶接管のデメリットである継ぎ目問題がなく、シームレス管のデメリットがあまりないために、シームレス管が好まれます。

意識せずにシームレス管を使うエンジニアも多いですが、特徴は知っておいて損はないですね。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました