【ポンプ・送風機】電動機とバッチ系化学工場での負荷対象

ポンプ電気設計

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象としています。

この記事を読むと、誘導電動機の負荷対象について整理ができます。

結論

輸送交通用は定トルクのクレーン・コンベア・エレベータなど

産業プロセス用は速度依存のポンプ・送風機・攪拌機など

加工用は定動力の圧延・印刷など

はじめに

電気の話は、ほとんどの人は理解していません。

電気を知らない大半の人はそもそも勉強する気がない。

電気を知っている工場の電気専門家が素人に教えるのが下手。

という状況がどこの工場でも多いのではないでしょうか?

そこにチャレンジする企画です。

電動機は色々な機械に使われる

電動機とは電気の力を物理的な力に変える設備です。

動きのある機械のほぼすべてに使われます。

そのため、使用先は非常に広いです。

主な使用先を見ていきましょう。

輸送・交通 クレーン・コンベア・エレベータ

輸送・交通用途とは例えば以下のような用途です。

  • クレーン
  • 巻き上げ機
  • コンベア
  • エレベータ
  • エスカレータ
  • 船舶

主に重量物の運搬が目的です。

定トルクの負荷です。

巻き上げ機やエレベータなどはインバータによる速度制御をしています。

エレベータが一番身近でしょう。

動き始めた時と止まる時はゆっくりで、その間は高速で移動します。

運搬中に速度は変わりますが、運搬する重量は変わりませんね。

バッチ系化学工場ではホイストクレーンやエレベータが一般的に使用されます。

産業プロセス ポンプや送風機

産業プロセス用途とは例えば以下のような用途です。

  • ポンプ
  • 圧縮機
  • 送風機
  • 冷凍機
  • 攪拌機

いずれも、流体を相手にする機械です。

産業プロセス機械では、流体輸送が大半ですので当然でしょう。

流体に対して使用するため、速度依存の負荷と言えます。

バッチ系化学工場にいると流体用途のイメージが強くなりますが、流体用途は一例にすぎません。

速度が上がると抵抗が上がるという特徴も、電動機にとっては特殊なものに見えるかもしれません。

ところが、定トルクや定動力の方がよっぽど特殊だと思います。

物理的な基礎原理のみで議論されるのは速度依存型。

定トルクや定動力は速度依存型から工夫を加えているという意味で、特殊です。

身近にあるエレベータやエスカレータの方が特殊というのは、少し奇妙でしょうか?

加工 印刷・成形・工作

加工用ととは例えば以下のような用途です。

  • 圧延
  • 印刷
  • 押出成形
  • 紡糸
  • 工作機械

これらの機械は、定動力であることが多いでしょう。

工作機械は特殊な用途なので、定動力とは限りません。

そもそも油圧を使っている場合もあるでしょう。

工作機械以外を除けば、運転していくと負荷の重量が変わります。

定動力に該当します。

おわりに

電動機は電気を使う現在において、非常に重要な機械です。

いろいろな用途があるということと

バッチ系化学工場ではポンプや送風機など限定的であること

が分かると思います。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました