【定額料金・従量料金】電気料金の支払いと原単位

電気電気設計

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象としています。

この記事を読むと、電気料金と原単位について知ることができます。

結論

定額料金は連続生産に向くが、バッチ生産には向かない。

従量料金は実際に使った電力に対して支払う。

電力の原単位改善のために、定額料金から従量料金にすることは1つの方法

はじめに

機電系設計者・プラントエンジニアにとって興味の対象ではない、電気料金と原単位

少しでも身近に感じるような解説をします。

電気料金は大きく2種類

電気料金は定額料金従量料金の2種類に分かれます。

他にも種類がありますが、この2つの違いが分かれば十分です。

定額料金

定額料金とは、電灯のワット数あるいは機器の重量によって料金を決める制度です。

要するに、電気容量で決めるという考え方。

24時間連続運転をする場合に有利です。

例えば37kWのモーターでポンプを24時間365日運転したとします。

この時、定額料金では37kWのモーターという仕様そのもので料金が決まります。

この前提が、24時間365日の運転ですが、

バッチ系化学工場では実際にそんな運転をしている設備は多くはありません。

ユーティリティ関係の用役設備に限定されるでしょう。

24時間365日運転している37kWモーターの設備もあれば、2時間365日運転している11kWモーターの設備もあります。

これら2つを、48kWモーターが24時間365日運転しているという条件で、料金設定するのが定額料金制です。

従量料金

従量料金は、消費電力に対して支払いをします。

先ほどの、24時間365日運転している37kWモーターと、2時間365日運転している11kWモーターがあれば、それを実際に消費した電力に応じて料金を支払います。

これは一般家庭ではごく普通のことです。

原単位

原単位とは、一定量の生産物をつくるために使用する、または排出する物や時間などの量という定義です。

化学工場では製品が生産物になります。

ある製品を例えば1トン生産するために必要な電力を、電力の原単位として考えます。

先ほどの例

365日で100トンの製品を作るのに、24時間365日運転している37kWモーターと、2時間365日運転している11kWモーターを使ったとすれば、電力原単位は以下のように考えます。

定額料金制

 48kW*24時間*365日*電力単価/100トン

従量料金制

 (37kW*24時間+11kW*2時間)*365日*電力単価/100トン

原単位は生産活動における、変動費の解析指標として使います。

変動費は生産活動そのもので決まる費用なので、生産部に責任があるのが普通。

この費用を削減することは生産部にとっての使命。

そこに電気料金も関係します。

定額料金にしていたところを従量料金にする。

これだけで原単位が改善されます。

おわりに

定額料金から従量料金に切り替えるというのは難しい話ではありません。

ところがこれすら行っていないというケースがありました。

これを知ってから、何でも疑いを持つことの重要性を知りました。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました