【新鮮な空気】危険場所で陽圧管理ができない場合の非防爆設備の対策

電気電気設計

NEONEEETです。

非危険場所なら何をしても良いでしょ?

何にも考えていない・・・。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、危険場所で陽圧管理ができない非防爆設備の対策を知ることができます。

危険場所で陽圧管理ができない非防爆設備の対策

今回の記事では、危険場所で陽圧管理ができない非防爆設備の対策を紹介します。

かなりマニアックです。

それでも現実に起こっていること。

危険場所で非防爆エリアを設定する理由

そもそも危険場所で非防爆エリアを設定すること自体がおかしな話です。

防爆配置図などを見ると、昔のプラントでは以下のような「露骨なエリア設定」をしているケースはあるでしょう。

この設計には、「室内を陽圧に保つ」という明確な思想があります。

それを考えもせずに、たまたま非防爆に設定した場所だ。曲解する人はいます。

機械・電気・計装・土建どのエンジニアも均等な割合で存在します。

化学工場でのエンジニアリングではなく、通常の建築物のエンジニアリングの感覚でいるとこの発想になります。

内圧室

危険場所で非防爆設備を使うためには、内圧室に対する考え方が必要です。

内圧室というと陽圧管理を厳密に行うことがイメージされます。

  • 圧力計を設置して、一定値以下ならアラームを出す。
  • 部屋の圧力が一定値になれば、ダンパが作動する。

こういった場所は、一定の陽圧が担保されます。

逆にそういう対応をしていない場合は、陽圧は維持できません。

何となくの感覚で、以下のような設備構成とすると、陽圧が管理できないという意味ですね。

  • 換気扇を付けて部屋内の空気を外に出す
  • 換気扇で追い出した分の空気は、ガラリから吸い込む

清浄な空気

陽圧管理ができない・するほどではないが、危険場所に非防爆設備を置きたいというケースは実際には存在します。

こんな場合は、少しでも正常な空気を取り込むことを考えないといけません。

  • 風が通り抜ける場所から空気を取り込む
  • 風向きに対抗する形で空気を取り込む
  • 地面等の有機溶媒ガスが溜まる場所から空気を取り込まない

換気扇の能力が固定されていて換気回数自体を変えることができなくても、

フレッシュな空気を取り込めるかどうか

ということ自体は容易に設計が可能です。

着目点はアナログですが、基本的な項目でありだからこそ効果的です。

テクニカルな「換気回数」というワードに拘っていると見落としがちですね。

最後に

危険場所で陽圧管理ができない非防爆設備の対策を紹介しました。

危険場所に非防爆設備を置くこと自体がおかしい。

内圧室や陽圧管理の概念が必要。

それができなくても、新鮮な空気を取り込む工夫が大事。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました