【垂直・水平】液抜き配管の組み方と注意点

配管配管

NEONEEETです。 

ここ液抜きしにくいですよ~

よく分からないから適当につけたとは言えない

この記事では、液抜き配管の組み方と注意点について解説します。

液抜き配管の組み方と注意点

液抜き配管の組み方は単純そうに見えていくつかのパターンがあります。

操作性を考えずに配管を組んでしまうと、少し困る問題からかなり困る問題まで幅広い影響があります。

配管屋さんはその辺の勘どころがつかみにくいので、機械系エンジニアがちゃんと理解して指示しないといけない部分ですね。

基本形

まずは基本形を紹介します。

P&IDではこんな感じであっさりとした表現になります。

P&ID通りの液抜きを配管図に当てはめると以下のような形になります。

これがいわゆる垂直抜きというパターンです。

配管内の液を全量抜くためには、メイン配管の底から抜けばいいですよね。

基本です。

高さを稼ぎたいとき

基本的は垂直抜きには1つの問題があります。

液抜きに必要な高さが確保しにくい

設備配置をギリギリ限界で組まないといけない日本の製造プラントでは、配管を組んでみると液抜きの余裕が意外と取れない場合があります。

液抜きは普通はポンプ吸込み口にあるので、ポンプやポンプ基礎の高さが十分でないと液抜きの位置が低くなりすぎてしまいます。

かといって、ポンプ基礎を高くしていくと、コストが高くなったり振動騒音が増えたり反応器の位置が高くなったりしていくので無制限に高くしたくありません。

こんな場合には、下のような工夫をします。

垂直抜きですが水平に振っています。

こうすると、基本形よりも若干高さを稼ぐことができます。

バルブの面間 > エルボの面間

という性質を利用したもの。

高さは稼げますが、液抜きが難しくなるのが問題です。

液抜きで抜いた液でも油関係は金属バケツなどで受けて、廃油ドラムに集約して処理しますが、

水平に振ってしまうと、バケツを人が支えないといけません。

垂直抜きならバケツを置くだけで完結します。

人が支えている間にちょっとしたミスで、バケツがズレると人に液が掛かる被液を起こすことが考えられます。

多用はしたくありません。

現場のオペレーターからは大きくはないが小さな不満として残ります。

異径Tは使わない

液抜きの基本としての垂直抜きに対して、応用は以下のとおりになります。

垂直に対する水平抜きです。

これは注意が必要。

口径をちゃんと考えていないといけません。

一般に液抜き口径は配管口径よりサイズを下げます。

コストダウン目的ですね。

例えば50Aの配管の液抜きを25Aで設置することを考えましょう。

左の垂直抜きの場合は、異径Tで25Aを作り上げれば終わりです。

特に問題なし。です。

一方、右の水平抜きで異径Tを使うとどうなるでしょうか?

実は、液が全量抜け無くなります。

図解すると下のとおり。

水平抜きで全量液抜きをする場合は、同径Tと異径Rc(レデューサ)を合わせて使わないといけません。

仮に異径Tだけで25Aを作ろうとすると、液が溜まってしまいます。

これは異径Tの枝管が母管の中心部から取られる構造上の問題。

仕方なく、同径Tと異径Rcを使わざるを得ません。

実物を見れば分かりますが、結構な長さを取ります。

オペレータがつまずいたり、抜き配管に足をのせて配管を折ってしまうリスクが出てきます。

異径Tは使わない方が無難ですね。

詰まりやすいとき

特殊な例として詰まりやすい液を抜く場合は以下のようにしましょう。

主管と同径のサイズで水平に液抜きを付けます。

同径Tで液の流れを変えつつ、液抜きも付けます。

タンクとポンプの間で水平に曲げる必要がない場合は、同径Tでの液抜きの位置はかんたんに決めることができます。

とはいえ、この例はバッチ系化学工場ではあまり多くはありません。

普通はタンクとポンプの間で水平曲げが発生します。

ここでエルボで水平曲げをせずに同径Tを使おうという発想ですね。

スラリーや高粘度液など詰まりやすい部分にはこの方法を使いましょう。

垂直曲げにしたい場合は、バルブの2次側にエルボを付ければ好いですからね。応用が効きます。

最後に

液抜き配管の組み方と注意点について解説しました。

垂直抜き・水平抜き・同径異径など選択肢がいくつかあります。

液抜き配管は図面屋さんでは分かりにくい作業性の問題があり、機械系のエンジニアがちゃんと指示しておかないといけません。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました