化学工場で液が漏れるとどんな問題があるか?

トラブル運転

NEONEEETです。

液が漏れました。

ちょっとだけならいいんじゃね?

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場で気が漏れると困る問題について知ることができます。

化学工場で液が漏れるとどんな問題があるか?

化学工場で液が漏れるとどんな問題が起こるでしょうか?

割と根本的な問題です。

漏れたらだめ!

って決まりごとのように言いますが、どんな問題が起こるのか

言語化できる人は多くはないでしょう。

資源の無駄

液が漏れるということは資源を無駄にするということです。

当たり前ですよね。

化学会社は資産を投入して、人や設備を動かし、目的の成果である生産品を製造し、販売することで利益を得ます。

液が漏れるということは、純粋な損失です。

プロセス液が漏れる場合は、生産量が下がることを意味します。

収率とか歩留まりが下がります。

製造会社の絶対的な使命ですね。

溶媒が漏れる場合は、原料に損が出ます。

冷却水が漏れる場合は、原料というよりは電気代が過剰に出ます。

漏れた分の冷却水を、常温の水で補った場合に冷凍機で冷却水を作り直さないといけませんからね。

環境破壊

プロセス液や溶媒ば漏れるケースは、環境破壊に直結します。

大気中に漏れ、土壌に浸透し、海水・河川を汚染します。

化学工場ではどんな液がどんな危険性があるか分かりにくいですよね。

不気味で危険な化学工場。

環境破壊に繋がる物を漏らすと、周辺地域からのクレームに会い、

工場を運営することが困難になります。

薬傷

液が漏れると薬傷が起こる可能性があります。

人が液でケガをするということです。

化学工場では地面の上に配管が張り巡らされて、いつ漏れるか分かりません。

これが人に掛かるとどうなるでしょうか?

酸やアルカリではヒトの皮膚が溶けたり、燃えたりします。

失明することもあります。

恐ろしいですね。

どんな液が漏れるかも分からないので、どんな被害に会うのかも分かりません。

工場で扱うSDSの教育は受けますが、それで安心できるわけではありませんね。

二次災害

液が漏れても少量なら問題ないかも知れませんよね。

でも、これを放置していると二次災害に繋がります。

転倒

液が漏れると床面が濡れます。

水のように乾燥するわけでなく、常時残り続けます。

この塗れた床面に気が付かずに、スリップして頭を打つ。

大いにありえます。

特に油系はすべりやすいですからね。

感度が鈍くなる

液が漏れた状態を放置していると、漏れに対する感度が下がります。

例えば、水が漏れた状態を放置している例です。

冷却水を漏らしたままでも、危険性は少ないですよね。

水の上を歩いてもあまり滑りません。

「水だから気にしなくて良いや、水の上を歩こう!」

こういうマインドが出てしまうと、漏れに対する感度が下がります。

確かに、水が漏れているだけなら問題ありません。

でもその漏れた水の上に危険な液も漏れていたとしても気が付かなくなりますよね。

水だと思ったらいつの間にか酸も漏れていた

こういう思わぬ二次災害は気が付かないので怖いですよ。

最後に

化学工場で気が漏れると困る問題について紹介しました。

資源の無駄・環境破壊・薬傷・二次災害

意外と言語化するのは難しいですよね。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました