化学工場の配置図の種類と使い分け【多様な用途】

図面配管

NEONEEETです。

配置図をください

何が知りたいのでしょうか?

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場の配置図について知ることができます。

化学工場の配置図の種類と使い分け

化学工場のエンジニアにとって非常に大事な図面が1つあります。それが配置図です。

機械・土建のエンジニア以外にも、電気・制御・プロセスのエンジニアにとっても胎児です。

エンジニア以外にも生産部の管理者・総務経理担当者なども使うことがあります。

消火活動や消火訓練でも大活躍

その意味で、配置図は工場関係者のかなりの人が使う機会があります。

P&IDが基礎資料だと考えるエンジニアもいますが、これはエンジニアや生産部が使うものです。

配置図の方がもっと汎用的に使用される基礎資料となります。

今回は、化学工場で使用する配置図について紹介します。

配置図は1つだけでなく複数の種類があり、用途によって使い分けます。

工場全体配置図

配置図でも最も重要なものが工場全体配置図です。

例えば以下のようなものです。

工場敷地全体が分かる図面です。

生産プラント以外にも原料エリア・環境処理エリア・資材エリア・事務所なども含んでいます。

工場運営のさまざまな場面で使う図面であり、工場の増改築があるたびにこの図面を修正していきます。

この図面を利用して、様々な用途の図面を作っていきます。

  • ユーティリティ系統図
  • 部門担当区分図
  • ダクト系統図
  • 排水ルート図
  • 消火設備配置図
  • 緑地図

機械エンジニアとしては使う機会が少ないですが、製図の担当をするために関わる機会は多いでしょう。

プラントエリア配置図

工場全体配置図の次はプラントエリアの配置図です。

プラントエリアだけでも以下のようなユニットを構成することが多いです。

生産プラントだけでなく、タンクヤード・除害ヤード・冷凍機ヤード・計器室などの付帯設備が含まれます。

小さな事業所では付帯設備を1か所に集中させている場合もあります。

規模が大きい工場ほど、このプラントエリアユニットの数が増えていくイメージです。

この図面はプラントの増改築があるたびに使う図面なので、機械系エンジニアが日常的に使う図面です。

プラント配置図

続いてプラント配置図です。

プラント内の設備構成が一目で分かる図面です。

この例はバッチ系化学工場の例です。

4つの柱で囲われた部分に装置が付いていて、これを複数積み重ねた形をしています。

通常3~4階建ての構造をしています。

単純な構造の建屋にしているのは、増改築を安価で容易にするためです。

プラントデザインというと意匠的なデザインでなくて、設計的なデザインを差しますが、

これこそがデザインだ、と設計エンジニアである私は強く感じています。

見た目なんてどうでもいいのですよ^^

設備詳細配置図

設備詳細配置図を別に作るケースがあります。

通常はプラント配置図に記載することが多いでしょう。

下のようなイメージです。

この図はプラントの1階をイメージしています。

4つの柱で囲われた1ブロックの中心に、反応槽が座っています。

反応槽の液を抜き出して別の場所に送るためのポンプや、ジャケットにユーティリティを供給するためのポンプなども座ります。

この図をベースに配管図を作成していきます。

エンジニア業務でほぼ毎日使う図面ですね。

平面情報だけでは不足することが多いので、立面図を作成することもあります。

これは配置図のテーマとしては若干外れますので、詳細は省略しますね。

最後に

化学工場の配置図について紹介しました。

工場全体配置図・プラントエリア配置図・プラント配置図・設備詳細配置図

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました