【チーズ・エルボ・断熱・トレース】切替配管の組み方と注意点

配管配管

NEONEEETです。 

切替配管図を書いてみました。

どうせ適当に書いているのだろうなぁ・・・。

この記事では、切替配管の組み方と注意点について解説します。

切替配管の組み方と注意点

切替配管の組み方を紹介します。

バッチ系化学工場では切替配管を多用します。

ポンプヘッダーやガスラインが多いでしょう。

切替配管はバッチ系化学工場ならではの設計要素で、図面屋さんが意識していない部分です。

図面屋さんに一任している機電系エンジニアでは気が付かないかも知れません。

それでも生産部の現場からは文句が出たり、出なくても不満に思いやすい箇所です。

ここをどれだけ楽にするように考えるか、は機電系エンジニアの隠れたスキルです。

隠れすぎていて表に出てこないですけどね^^

これだけを持って評価されることもないでしょう。

あえていうと、こういった現場で発生するの個々の構成要素について考えるくせをどんどん養って、現場を知っていくことが、現場を知るエンジニアとして評価されることになるでしょう。

配管切替

切替配管の基本について解説します。

基本

まずは、P&IDから

ガスラインを想定しています。

下の配管からガスが流れ、AとBに分岐するような系です。

切替配管なので、AかBかのどちらかにしかガスが流れないような処置をします。

左の例はA側に、右の例はB側に流すようにします。

流れない側の配管には盲フランジを付けて確実に遮断します。

こういう使い方をすれば、A側に流したいのにB側にも漏れていったとかその逆が起こりえません。

運転に対しては確実。

問題は切替の作業が必要なこと。

1つ1つは大したことない作業かも知れませんが、数が多いと大変です。

1つでも間違えてしまうと、運転ができません。

生産開始前の配管ラインチェックが非常に大事になってきます。

エルボ切替

さて上の例は直管とエルボの切替ですが、これは多用しない方が良いでしょう。

下のようにエルボで切り替えることが望ましいです。

こうすると余計な部品を管理する必要がないですからね。

直管とエルボで切替する場合は、

その部品が無くならないように近くに置いて置いたり、使わない側の配管に番線で固定したりします。

台風や大雨の時に流れていったりする危険性があり、できればしない方がいいという感度です。

とはいえ、直管とエルボの切替はよく見かけます。

これは何も考えずに改造工事をしてしまったから。

建設当初の単一製品だけに使う場合は直管側だけを使っていて、

後に別の製品が入った場合にエルボで切替ラインを追加したという場合です。

ここで直管側の配管ラインも改造していればいいのに、考えたくないからそのままにしているというエンジニアが多いのが残念。

どうせ直管側の配管も更新することになるはずで、一部を切って使うということはしないはずなのに。

仮に使いまわしても金額的なメリットはあまりないのに。

それでも面倒だからという理由だけで、直管とエルボでの切替を考えがちです。

現場からは多少の不満を持つことになりますね。

バルブ切替

上の例は「配管切替」と分類する場合があります。

配管切替の逆が「バルブ切替」です。

ご覧のとおり、バルブで流れ方向を変えるというものです。

バルブを開けたり閉めたりするだけなので作業性は楽です。

その代わり漏れるリスクがあります。

バルブだけだと不安なら、遮断板を入れたりします。

ガスラインには無弁通気管と有弁通気管という概念があり、基本は無弁通気管にします。

ノーバルブと呼んだりしますね。

バルブでガスラインが閉塞していると、反応器や熱交換器内が加圧状態になって破裂する。

ということを恐れるからです。

第一種圧力容器に該当する場合もあるでしょう。

簡単にバルブ切替にしないように注意したいところです。

断熱付きの場合

切替配管で忘れがちなのが、断熱です。

ここの作り方は工夫が必要です。

それでも何も考えずに施工されがちです。大事なポイント。

簡易断熱

まずは切替配管部の断熱の基本構成について。

切替配管となる青の部分は「簡易断熱」という方法にします。

特徴は、現場レベルでも取付け・取外しができるもの。

番線で結ぶだけというものです。

断熱を何もつけないようにはマシというレベルのものですね。

ここを正式な断熱にすると大変です。

現場レベルでは取外しができても、取付けができません。

施工後すぐに取り外されて、そのまま放置されるという結果になりがちです。

それでも運転できているなら簡易断熱そのものが不要かも知れませんね。

トレース

断熱の次は、トレースです。

トレース配管は銅管を使うことが多いです。

ここで切替配管部で切り離しができる構造にしておかないと、結構面倒です。

切替配管部分でユニオンで繋いでおいて、何かあっても取付け・取外しができるようにしておくべきです。

配管図でここまで正確に書いているパターンってあまりありませんよ。

この内容を知っていれば上級者ですね^^

最後に

液抜き配管の組み方と注意点について解説しました。

エルボ切替・バルブ切替と断熱・トレースありの状態での切替についてです。

バッチ系化学工場では基本となる考え方なので、機電系エンジニアは是非とも知っておきたいことです。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました