【何でも安全第一】化学工場で起こる安全の悩みごと

トラブル法律

NEONEEETです。

この記事は、化学工場に興味がある人を対象にしています。

この記事を読むと、化学工場で起こる安全の悩みごとについて知ることができます。 

安全第一

安全第一は製造業・建設業で常識的に言われていますね。

何をいまさら…と言われるくらい常識。

とはいえ、アメリカのUSスチールの話などを知らない人もいるでしょう。

その当時と今とは明らかに時代が違います。

安全を軽視した作業をして、トラブルが多かった時代と比べると

今はトラブルは激減しています。

だから、「安全を軽視していいんだ」「これくらいは良いだろう」と考える人間が多くなっています。

安全と作業性のトレードオフの関係

を体感的に感じて、安全を軽視する風潮が出始めています。

今回は、化学工場で起こる安全の悩み事について解説します。

とはいえ、このテーマ。

闇が深すぎます。

今回は、そのサマリーだけを紹介します。

化学工場で起こる安全の悩み事

作業安全

製造業や建設業で安全というと、「作業安全」が中心になります。

この作業方法で本当に安全か?

ここに着目します。

というのも、作業中の事故があまりにも多いから。

製造業のように製造設備によって自動化できている業界ならまだしも、

建設業はまだまだ人手が必要な業界。

作業に関する安全問題は非常に多いです。

化学工場は装置産業であり、人が介在する作業割合相対的に少ないです。

作業安全は生産部よりも、工事会社に対して注意が行くことが多いです。

パトロールを鬼のように増やすのがその傾向です。

「鬼のように」というか「気の狂ったように」とか「異常な使命感」とかそういう表現の方が正しいかもしれません。

プロセス安全

化学工場ではプロセス安全の方がメジャーでしょう。

化学工場ならここは徹底的に行います。

特に熱安定性についてが最も大事。

プロセスの取扱温度を決めるための最重要の指標。

プロセスの安全というと、熱安定性以外にも山のようにあります。

これだけでも1つの記事では足りないくらい。

最近の傾向としては、皮膚感作性・変異原性などが話題になっています。

温度に依存した火災や圧力に依存した爆発などの目に見えやすいトラブルとは違い、

時間が経ってから起こる問題です。

アスベストと同じです。

交通安全

安全の中でも分かりやすいテーマです。

とにかく目立ちます。

注意や指摘がとても簡単。

マナーの悪い運転手が山のように存在しますので、

無くならない仕事と言えます。

交通誘導員や警備員も含めて、安全のことなどほとんど考えていませんので、

災害リスクが高い状態が維持されます。

「横断歩道を渡るのは車がちゃんと止まってから」

こんなことすらできない人が大半ですからね ^ ^

行動安全

これは最近ものすごく増えているテーマです。

最近の災害のほとんどが行動安全。

安全は製造工場の生産部だけのもの

こういう思考が長続きした結果、

事務職の人間は安全を身近なものと捉えなくなったというのが現状です。

その結果、行動安全に関するトラブルが増えています。

  • 階段を降りるときに、手すりを掴まず落下した。
  • ドアに小指を挟んだ。
  • 紙で指を切った。
  • ちょっとした段差につまづいた

問題は、こういうトラブルが頻発していても、思考を変えようとしない社員。

階段の駆け下りを勢いよくする全く意識がない〇〇も存在します。

そういう人に指摘しても、本当に無意味。

意味の分からない反論をして、その場しのぎしようとするだけ。

安全教

安全第一という思想が行き過ぎた結果、盲目的に妄信的に安全を考える人が居ます。

「自殺願望があっても自殺できない設備を作れ」

なんて言われることもあるくらい。

安全を徹底した人達が、安全教として活動をしていきます。

何でも安全に結びつけようとします。

風紀が悪いのは安全意識が足りないから → みんなで風紀活動をしよう

こんな狂った意見も出てくるくらいです。

安全に対して常に何か手を加えないといけない。と焦った結果

無意味な工程が組み込まれて行って、がんじがらめになっていきます。

日本でよくある光景ですよね。

最後に

安全第一というワードがあるため、安全に関しては宗教や神聖化されていく状況にあります。

この辺は、また別の記事にしようと思います。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました