【誰でもできる・今すぐできる】エンジニアリング業務でチェック間違いの確率を下げる3つのコツ

図面プロジェクト

NEONEEETです。

すみません。見落としていました。

どうすれば確率が下がるか考えるべきですね。

この記事では、エンジニアリング業務でチェック間違いの確率を下げるコツを解説します。

エンジニアリング業務ではチェックが多い

エンジニアリング業務はチェックが非常に多いです。

業務の50%以上はチェックと言っても過言ではありません。

予算見積、機器設計、見積仕様、見積査定、P&ID、配管図、予算管理、工程管理・・・。

1個1個の内容はかんたんですが、問題はその圧倒的な物量。

質より量の世界です。

それでも1つでもミスがあれば大きな問題に繋がりかねません。

何を拾って何を捨てるか、という判断に迫られることも。

この意味で、現場的な業務です。

このエンジニアリングのチェック業務で大事なことは、見間違いの確率を下げること。

現実的に誰にでもできることを3つ紹介します。

リストを作る

一番最初に意識することは「リスト」です。

当たり前のように見えますよね。

でも、意外とできる人が少ないですよ。

Excelで表やリストを作る時の基本ができていない人が多いです。

例えば、以下のような表を作ろうとしましょう。

りんご10個
いちご3個
みかん7個

普通に上記のように書けばいいのに、こんな風に書くエンジニアがいます。

りんご10個
いちご
みかん
合わせて10

あえて間違いを指摘しなくても、問題は分かりますよね。

でも、本当にこういう例はいっぱいあります。

属性を揃える、表記を揃える、単位を揃える。

当たり前のことですよね!

チェックが発生するときに、すぐにリストを作ろうとするのが正解ですが、すぐに手を出さないエンジニアも多いです。

そこで悩む必要はありません。悩んでいる時間がもったいないですよ!

リストの順番を統一させる

次はリストの順番を統一させるということ。

これは機電系エンジニアに限らず、プロセスエンジニアでも意識しない人が増えてきました。

機器リストと略フローを作って、プロセス合理化や見積を仕様としたときに、

機器リストと略フローの並びが違うのでチェックが漏れるというケースが、私の周辺業務では多いです。

合理化や見積段階では計画が定まっていないため、機器の追加・削減が頻繁に行われる段階です。

rev1で必要な機器が20基あって、rev2で5基足すことになった場合に、

機器リストには5基追加と記入してあっても、略フローには4基追加というようなケースがあると大変です。

追加だけでなく削減も含めて、複数の資料で数が一致しないともう大変。

何も信頼できなくなります。

機器リストと略フローの順番を並べるだけで、2つの資料のチェックする速度や精度が変わり、見間違いを防ぐことができます。

機器リストから派生する設計書や仕様書なども全く同じ発想です。

変に順番を操作せず、並びを統一するだけで、複数の資料の転記チェックが簡単にできて、単純な見間違いをぐっと抑えることができますよ。

これだけでも数千万円の損失を防げたりしますからね^^

チェックした箇所を色付けする

最後に、チェックした箇所を色付けするということ。

Excelで作業する場合は、セルの着色や文字の着色を使いましょう。

Excelのリストに着色をして、確認が終わった場所の色を変えていく。

これだけです。

紙でチェックする方が速いという人もいるでしょう。

エンジニアリング業務ではP&IDや配管図で紙によるチェックが大活躍します。

P&IDと配管図を照合して、確認が終わった箇所から順番にP&IDと配管図にマーカーで着色する。

これだけです。

両方の資料にチェックするというのがポイント。

着色が増えていくたびに達成感が出てきます。見間違いのリスクも下がります。

配管図のチェック履歴を電子データ上でチェックするのは結構難しいです。

紙で履歴を付ける方が遥かに速く確実。

3D-CADのチェックが難しいと感じるのもこの辺が理由の1つだと思います。

最後に

エンジニアリング業務でチェック間違いの確率を下げるコツを解説しました。

リストを作る・リストの順番を統一させる・チェックした箇所を色付けする

かんたんなことばかりですが、基本的なことなので極めて大事です。

当たり前のように実践して、ミスの確率を下げたいですね。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました