【ダクト・ラック】電気制御ケーブルの現地工事

電気計装設計

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、電気制御ケーブル工事のダクトとラックについて知ることができます。

結論

電気計装工事のメインは配線工事。

配線工事の主部分はダクト・ラック工事が必要。

ダクトは高価・堅牢、ラックは安価

ダクトは電気室の引き込み部ではほぼ必須。

はじめに

機電系設計者・プラントエンジニアは、電気制御工事に興味を持たないと勉強する機会は非常に少ないです。

ですが、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアは、化学工場の設備を取りまとめをする役目

電気制御工事についても少しだけ学習しましょう。

配線工事

電気制御工事は一言でいうと、配線工事です。

機械工事が、設備据付工事と配管工事くらいに分割した場合に、

電気制御工事は配線工事と言い換えることができます。

現場工事ではもっと細分化されるのですが、マスター工程を作ったり、工事設計を行う段階では、これで十分

メイン部分はダクト・ラック

配線工事のうち、メイン部分を抑えましょう。

機械屋としてはこのメインだけを理解していればOK。

電気室・制御室から電気モーターや計装設備に対して配線します。

入口である電気室・制御室からは多くのケーブルが敷設されます。

このケーブルの敷設方法、ダクトとラックの2パターンがあります。

ダクト

ダクトというと、直方体の箱をイメージすればいいでしょう。

下の図のようなものです。

箱の中にケーブルを収めるため、多くのケーブルがずれたり落ちたりする心配がありません。

これは化学工場のケーブルという専門的な話でもありません。

家庭用のケーブルでも基本的に同じです。

ケーブルを一まとめにしようとしたらどうしますか?

数mおきにビニールテープでまとめたり、ひもで縛ったり…

数mおきに結ぶために、その他の場所ではケーブルは簡単に移動します。

化学工場でそういうリスクは背負いたくありません。

純粋に場所を圧迫し、ケーブルが破損したり液体に濡れるリスクも増えます。

ダクトでまとめるということは、ケーブルを外部にずらさないようにするということ。

家庭用のケーブルでは壁に直方体の箱を貼り付け、その間にケーブルを通す。

これと同じ発想です。

ラック

ラックはダクトを簡単にしたものです。

これを見かける場所の定番は、電車の駅です。

駅のホームで上を見てください。

大体このラックがあります。

ラックの上に数本のケーブルが敷設されます。

ラックの方が当然安価

家庭用のケーブルでビニールテープや紐で縛るのと似たような発想です。

安価だから古い工場ではラックを使っているケースもあるでしょう。

もしくは、メイン部分はダクトにして、メインからサブに分岐する段階でラックにする場合もあります。

電気室との取り合いはダクト

メイン部分はダクトでもラックでもOKです。

その工場のケーブル本数から考えればいいです。

ところが、絶対にラックにしてほしい場所があります。

それが電気室との取り合い。

普通は、電気室からプラントまではパイプスタンドを渡します。

ここで電気室のケーブル引き込み口とパイプスタンドは高さが違います。

一般にはケーブル引き込み口の方が低いです。

ケーブル引き込み口からパイプスタンドまで高さを上げつつ、ケーブルがバラバラにならないような工夫が必要

これはラックではかなり難しいです。

一般にダクトを使います。

ラックだと雨や風に晒される確率が高いですからね…。

おわりに

ダクトとラックの違いは家庭用のケーブルを考えれば、割と分かりやすいと思います。

化学工場ではダクトだけを使うケースが多いと思いますが、ラックも使えなくはありません。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました