【無敵】化学工場の電気エンジニアの存在価値

図面,現場キャリア

NEONEEETです。

電気エンジニアってなんかすごいですよね

良く分からないけどすごいですよね。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場の電気エンジニアの存在価値を知ることができます。

化学工場の電気エンジニアの存在価値

今回の記事では、化学工場の電気エンジニアの存在価値を紹介します。

一言で言うと「無敵」

大学時代に戻れるなら、電気分野の学問を収めて化学工場に入社すればよかった。

こんな会話は、入社してすぐのことから機械系エンジニアの間で日常的に雑談のテーマとして上がっていました。

電気エンジニアは専門スキルがある

電気エンジニアは「電気」というすごい専門スキルがあります。

これは設備を動かすうえで絶対に必要。

目に見えず危ない電気。

専門のスキルがないと取り扱うことを許されていません。

  • ポンプや減速機をメンテするときに、配線を付けたり外したりするために電気エンジニアが必要
  • 設備を更新するためには、電気配線の更新が必要
  • 変圧器やインバータ、照明など工場に限らず仕事範囲が幅広い

化学工場では化学が当然主役です。

機械系エンジニアですら相当の専門性を持っています。

電気系エンジニアは機械系エンジニアよりももっと深い専門性を持っています。

土建エンジニアと対をなす圧倒的な専門性。

機械系エンジニアのように機械・計装以外に生産部などへの異動があるわけでなく、

電気分野の仕事だけをずっと続けることができます。

嫌でも電気のスペシャリストになります。

これを逆に言うと、「辞めさせることができない」という意味ですね。最強です。

電気エンジニアは雑務が多い

電気エンジニアは雑務が多いです。

詰まらないと思うか、楽と思うかは人それぞれ。

残業時間は機械・計装系と比べると圧倒的に少なく、ほぼ定時。

全停電の時だけ、夜に勤務をします。

数年に1回だけです。楽勝。

雑務が多いということは、機械・計装のように時間を掛けてじっくり設計することはありません。

生産部やプロセスエンジニアのように幅広い知識を学習する必要もありません。

それでも電気というだけでスキルとしては絶対的な価値があります。

電気エンジニアは転職しやすい

電気エンジニアは転職しやすいです。

電気という圧倒的なスキルがあるからですね。

電気系の学問を修めた学生が、そもそも化学工場に入社するわけはなく、転職の方が割合が多いです。

他の化学工場も同じような状態なので、転職しようと思うとかなり楽です。(と聞いています)

電気系は機械系のように生き残りを真剣に考えることすらなく、安泰です。

昇進は限界がある

メリットだらけの電気エンジニアですが、唯一のデメリットが昇進。

一般的な化学工場では課長止まり。

機械・計装・土建といったエンジニアの部隊として部長になることはないでしょう。

それでも、給料・手取りに対して、責任範囲や専門性を考えると、パフォーマンスが圧倒的に優れています。

数万円の月給が増える代わりに責任が大きい部長よりは、

給料が大して変わらないのに、電気に特化して仕事ができる課長の方が良いでしょう。

最後に

化学工場の電気エンジニアの存在価値を紹介しました。

電気エンジニアは専門スキルがある・電気エンジニアは雑務が多い・電気エンジニアは転職しやすい

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました