バッチ系化学工場では外国語を使う機会はない

営業働き方

NEONEEETです。

外国語使うことないですよね。

ポンプのデリべりのバルブをオープンにしてください。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、バッチ系化学工場では外国語を使う機会はない事情を知ることができます。

バッチ系化学工場では外国語を使う機会はない事情

バッチ系化学工場では外国語を使う機会はない事情を紹介します。

化学工場ではグローバル化が進んでいて英語を使う環境もあるように思うでしょう。

少なくとも、バッチ系化学工場ではほぼ使いません。

ドメスティックな仕事です。

強引にグローバル化を進めようとしてもうまくはいきませんね。

そもそもグローバル化が絶対的に正しいわけでもないのに、グローバル化を進めようとすることの方がおかしいわけですが。

化学工場では思った以上に「外来語」を使います。

IT関係と同じで外来語が無いと技術の進歩はなかったでしょう。

日本語化することを諦めてしまったという意味では、化学工場の方が遥かに先を進んでいます。

そういう外来語を除くと、バッチ系化学工場では外国語を使う機会はほぼありません。

例えば英語で話したり・英語の記事を読んだりする機会はほぼ皆無です。

JIS以外の基準を使わない

バッチ系化学工場ではJIS以外の基準を使うことはありません。

連続系化学工場ならASMEやANSIなどを使うこともあるでしょう。

プロセスも設備もほぼ確立されているので、世界中どこでも似たような構成になります。

同じ基準を使う方が効率的ですよね。

バッチ系化学工場では製造方法や設備構成が競争力を左右する要素です。

国だけでなく地域によっても違いが多く、同じ工場の隣り合うプラントでも構成は違います。

反応器とポンプと熱交換器を繋ぎ合わせているだけのはずなのに、不思議です。

ASMEやANSIを使う必要がないので、英語の基準や記事を見る必要すらないのが実情。

化学工場の機電系エンジニアのキャリアとして良いか悪いかは、ちょっと分かりませんけどね^^

日本の設備で十分

バッチ系化学工場の設備は日本製で十分です。

これは誇るべきこと。

新興国では自国で製造設備を作ることができず、国外から調達しないといけませんからね。

日本語だけで相当深い研究ができるのと同じで、日本製だけで構成できる化学工場も技術力の高さを示しています。

とはいえ、化学工場が発展したときには海外から技術を輸入したわけで、

単に自国で製造できるようにしたという側面が強いですけどね。

コアの技術は海外のモノをそのまま使っている、というケースはままあります。

それでも、自国で製造できるだけでも十分でしょう。

何にしろ、海外で作った設備を船で輸送する、というケースはほぼありません。

工場の規模が小さい

バッチ系化学工場の規模が小さいことは、外国語を使う機会を削いでいる要因です。

ローカル社員で構成された場所に、外国人が1人来ても仕事をするのは辛いでしょう。

かといって、複数の外国人が来るほどの価値もないです。

日本人の社員を配属することは考えても、外国人の社員を積極的に配置しようとは思わないでしょう。

もちろん、連続プラントのようにASMEで仕事をする環境でもないですし。

工場の規模が小さいから工事の規模も小さく、作業者も日本人がほとんどです。

最近は、外国人の労働者も少しずつ出ていますが

英語で注意喚起をするかどうか

で揉めているのが実情です。

工事会社の監督が英語を使えないことが、言い訳として成立しています。

でも、監督が英語をある程度使えるようになった時が怖いですね。

ユーザーエンジニアは英語を使えず、工事会社の日本人の方が英語を使える

成長しないユーザーエンジニアの側面がまた1つできる将来が目に見えています。

最後に

バッチ系化学工場では外国語を使う機会はない事情を紹介しました。

JIS以外の基準を使わない・日本の設備で十分・工場の規模が小さい

工事作業員で日本人以外の人が増えてきたので、英語を使う可能性はそのうち出てきそうですね。10年くらい先でしょうが。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました