【潤滑・音・温度】サイクロ減速機のメンテナンス上の注意点

機械化学機械

NEONEEETです。

サイクロ減速機って難しいです。

原理は無理して理解しなくてOK

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、サイクロ減速機のメンテナンス上の注意点について知るとができます。

サイクロ減速機のメンテナンス上の注意点

サイクロ減速機のメンテナンス上の注意点について説明します。

サイクロ減速機はバッチ系化学工場で非常に多く使い、壊れると一瞬で工場を止めないといけない重要部品です。

あらゆる動機器は壊れると工場を止めないといけませんが、その動機器の中でもサイクロ減速機は重要度が高いです。

他の動機器で問題になるといえばモーターくらいですからね。

メンテナンスの基本は五感です。

DXによって多少進化してくる可能性がある分野ですが、それもまだ先の話。

五感に頼るメンテナンスの代表例としてサイクロ減速機について解説します。

潤滑油は目で管理

サイクロ減速機の潤滑油を目で見る管理が第一です。

潤滑剤は潤滑油とグリースの2択がありますが、サイクロ減速機は潤滑油が一般的。

潤滑油はオイルゲージで管理します。

オイルがどこまで入っているか目で見て管理できるように、減速機の外にガラス配管が付いていて、油面を管理できます。

ガラス管にゲージ線が付いてあって、そこまで潤滑油を入れればOK。

目で見るのは実は難しい

減速機が動いていると、この油面が微妙に動きますので、これを目で見て管理します。

毎日のパトロールでこれを見るのが、保全担当者の仕事と言われます。

でも、実際ほとんど見ていないはずです。

というのも見にくいから。

撹拌槽の上部にある減速機は遠めに見ようとしても、かなり見づらいです。

変色した油がガラス周りに付いていて、油が入っているように見えたが実際はなかった。

ってこともよくあります。

人間の眼に頼ると良くない例です。

納入時は空

潤滑油は納入時は減速機に入っていないことが多いので、予備機など長時間使わない場合は、減速機を潤滑油で満たしておくべきです。

そうしないと、減速機が動かなくなります。

定期的に更油

潤滑油は定期的に入れ替えないといけません。

更油と言います。

特に使い始めたばかりのころは、半年~1年で更油が求められます。

これは減速機の部品が運転条件になじんでいないから。

運転負荷に対して、部品が徐々に削れて行って最適な状態になじむまでに、半年程度必要です。

500時間の運転で交換という良い方もするでしょう。

適切に守っている例はあまり見たことがありませんね。

音に敏感になる

サイクロ減速機では音に敏感になりましょう。

人間の耳の機能は優れています。

特定の音のみをキャッチする能力が優れています。

潤滑油を目で見るときのような制約はほとんどなく、多少離れた場所でも耳で異音をキャッチできます。

いつもと何か違う音がする

ということが気づければパトロールとして及第点。

異常を一番最初に気が付く手段は異音でしょう。

音が少ししたら要注意ですが、敏感になりすぎる必要はありません。

サイクロ減速機はかなり頑丈なので、多少は持ちますよ^^

温度を手で確認

サイクロ減速機は温度で管理する方法もあります。

手で触ってかなり熱ければ異常

理論的にはこの通りですが、実際に手で触ることはしないでしょう。

温度計を使えば十分ですからね。

温度計も10年前は棒状温度計を粘土で付けて測っていましたが、

さすがに赤外線放射温度計を使うようになっています。

温度を測定する機会はあまりなく、異音を察知してから、温度も見てみようという気になるのが普通です。

最後に

サイクロ減速機のメンテナンス上の注意点について紹介しました。

潤滑油を目で管理・異音を耳で管理・温度を手で管理

当たり前のように見えますが、大事なことです。

メンテンナンスは機械設計エンジニアが苦手としがちですが、かんたんですよ。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました