【ガスケット・パッキン】機械装置の密閉装置(シール)の分類

機械配管

NEONEEETです。

このパッキン、交換しといて~

ガスケット交換ですね。分かりました。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、機械装置の密閉装置の分類について知ることができます。

機械装置の密閉装置の分類

今回の記事では、機械装置の密閉装置の分類について紹介します。

密閉装置っていうと違和感がある人も良いでしょう。

いわゆる「シール」です。

「シール」としてガスケットとパッキンの2分類がありますが、明確に使い分けていない人もいます。

機械エンジニアとしては是非とも正しく理解しておきたいところ。

ガスケットは静止部シール

ガスケットは静止部シールのことを指します。

代表例は配管フランジ部にガスケットを使いますよね。

配管フランジ部は運動しないので、静止型に分類されます。

配管フランジのガスケットのことをパッキンという人はいます。

特に生産部の現場運転員レベルでは。

本日の作業はステンレス配管のパッキン交換

などという謎の用語が朝礼で飛び出たりします。

密閉装置としては静止型と運動型に分かれて、

静止型の1つにガスケットがあるという定義です。

静止型には他にOリングの一部も含まれます。

Oリングは静止型・運動型の2種類で使い分けをします。

これは機械部品に詳しくない人は、知らないでしょう。

機械保全者なら知っていますが、設計者だとかなり怪しいところです。

逆に言うと、Oリングの静止型・運動型の分類は化学工場の機械エンジニアとしては「細かい知識」になり、習得するのが後回しになるということですね。

パッキンは運動部シール

パッキンは運動部シールのことです。

現場レベルではパッキンはグランドパッキンのことを指しますよね。

それは間違っていませんが、パッキンにはグランドパッキン以外も存在します。

それがVパッキンなどですね。

私も、Oリング・オイルシールと合わせて、種類は違うものの用途としては似た扱いをしています。

グランドパッキンと同列の扱いでメカニカルシールも運動部シールの1つ。

さらに細かい話では、ラビリンスやフロートリングも運動部シールの1つです。

運動型シールは接触型と非接触型と分類されます。

上の表ではメカニカルシールは接触型に分類していますが、厳密には非接触型のはずです。

シール部は接触しておらず液体でシールしていますからね^^

最後に

機械装置の密閉装置の分類について紹介しました。

ガスケットは静止部シール、パッキンは運動部シール

機械エンジニアなら明確に使い分けができるようにしましょう。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました