危険物乙4が化学工場の機械エンジニアにとって大事な4つの理由

火災資格

NEONEEETです。

危険物乙4って取得した方がいいですか?

資格としても重要ですが、知識を使いこなせることの方が遥かに言意味がありますよ。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場の機械エンジニアが危険物乙4を取得すべき理由を知ることができます。

危険物乙4が化学工場の機械エンジニアにとって大事な4つの理由

今回の記事では、危険物乙4が化学工場の機械エンジニアにとって大事な理由を紹介します。

機械エンジニアは化学のことを知らない

化学工場の機械エンジニアは化学のことを知らないのが普通です。

機械エンジニアは大学受験でいう「物理」の範囲で、化学工場の運転は大学受験でいう「化学」の範囲です。

大学進学後は物理か化学のどちらかに特化した勉強をするので、機械エンジニアが化学の知識がなくて当然です。

大学卒業者ですらこの状態なので、高校・高専卒業者はもっと知識が少ないです。

実際には大学で化学の勉強をあまりしないので、大卒と高卒の機械エンジニアで化学の知識差があるわけではないのですが・・・。

機械エンジニアは大卒ばかりではないということは、以下の学歴分布に関する記事を確認してください。

危険物乙4は難しくない

危険物乙4はそんなに難しいものではありません。

化学工場の技術系なら

落ちる人はいない

と言われています。

これがまたプレッシャーになるわけですが^^

一夜漬けで合格する人もいるくらいです。

生産部の運転員も受験しますが、こちらは落ちるケースがあります。

技術系のエンジニアなら合格して当然という意味。

高校化学の知識の延長線上の話だからです。

10以上の資格を取得しないといけない化学工場の機械エンジニアにとって、

最初に取得する資格は難易度の低いものがおススメです。

危険物第四類は化学工場で大量に使う

危険物第四類は化学工場で非常に多く使います。

というのも、化学反応の溶媒として有機溶媒を大量に使うからです。

バッチ系化学工場で使う有機溶媒の例は以下を確認してください。

このほとんどが危険物の第四類に該当します。

バッチ系化学工場の場合、第四類が99%、残り1%が第五類です。

他の類である第一類・第二類・第三類・第六塁は見たこともありません^^

化学工場で取り扱っている液の種類が多くて、どんな危険があるのか分からない人は多いでしょう。

化学工場の近隣にお住まいの方の不安の原因は、危険が分からないからです。

でも危険物第四類を知っていれば、化学工場の大半の危険性を網羅的に知ることができます。

化学工場で扱っている物の特性や危険性は、エンジニアが当然把握しておかなければvいけないでしょう。

これも知らずに、危険物を保有する設備の設計はできません。

機械装置にも第四類を使う

危険物第四類を扱う化学機械装置は、プロセス液にのみ注目が活きがちです。

ところが、それ以外の場所にも危険物を使っています。

これは化学機械に限らず、一般の機械でも当てはまります。

機械エンジニアなら周辺知識としても知っておくべきことです。

  • 機械の潤滑油、グリース
  • 酸洗浄液

酸洗浄は第五類の液を含んでいるので、ちょっと違いますけどね・・・。

最後に

危険物乙4が化学工場の機械エンジニアにとって大事な4つの理由を紹介しました。

機械エンジニアは化学のことを知らない・危険物乙4は難しくない・危険物第四類は化学工場で大量に使う・機械装置にも第四類を使う

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました