【電力・試験・始動・整流】化学工場での変圧器の用途

電気電気設計

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象としています。

この記事を読むと、変圧器の用途・特にバッチ系化学工場での適用先についてを知ることができます。

結論

変圧器の用途として

電力用・試験用・誘導電圧調整用・移送器用・始動用・負荷時タップ切替用・移動用・整流器用・電気炉用

があります。

バッチ系化学工場では電力用が主です。

はじめに

電気の話は、ほとんどの人は理解していません。

電気を知らない大半の人はそもそも勉強する気がない。

電気を知っている工場の電気専門家が素人に教えるのが下手。

という状況がどこの工場でも多いのではないでしょうか?

そこにチャレンジする企画です。

変圧器の一般的な用途

変圧器は電圧を変化させる器械です。

一般的な表現ですので、いろいろな適用が予想できると思います。

今回は、その用途を紹介します。

電力用

電力用とは、発電所や変電所などで使用する用途です。

一般的に変圧器というと真っ先に思いつく用途です。

試験用

これは機電系設計者・プラントエンジニアにはなじみがない、電気エンジニア専門の用途です。

交流高電圧を発生する変圧器で、変流電圧試験の用途として使います。

誘導電圧調整用

これも試験用と同じで、電気エンジニア専門です。

出力側の電圧を調整する目的で使用します。

移相器用

誘導電圧調整用と同じで、電気エンジニア専門です。

誘導電圧調整用は電圧を変えるのに対して、こちらは移相を変える目的です。

始動用

電動機を起動するときに使うことがあります。

電動機を起動するときは大きな電流が必要です。

この時だけ電圧を変えて起動電流を抑えようという発想です。

負荷時タップ切替

送電系統の信頼度や安定性を向上させて経済的な運用をはかるために、電力系統の潮流制御を行うことがあります。

この用途に変圧器を使うことがあります。

変圧器を用いて系統電圧を変えて制御を行います。

移動用

これも電気エンジニア専門です。

変電所の事故や検査などで変圧器を取り替える場合になどに、使います。

整流器用

交流入力から直流出力に変えるために使います。

電気炉用

言葉どおり電気炉用です。

バッチ系化学工場での適用

変圧器の上記用途のうち、バッチ系化学工場ではほとんどが電力用です。

少なくとも機電系設計者・プラントエンジニアはそれを理解していれば十分です。

ごくまれに起こることとして、現場の特定の設備が周囲の電圧と違う電圧で使わざるを得ない場合です。

例えば400Vで一般に使用している工場で、200Vの設備を使わざるえないという場合です。

この場合に、400Vから200Vに変圧しないといけません。

おわりに

変圧器の用途は細かく見ると色々あります。

その割に機電系設計者・プラントエンジニアとして知っておくべきは

電力用の変圧。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました