【高耐食・割れやすい】碍子・磁器・セラミックと化学工場設備

材質材料

NEONEEETです。

磁器製の設備って割れやすいですよね

最大のデメリットですね・・・

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、碍子・磁器・セラミックと化学工場設備について知ることができます。

碍子・磁器・セラミックの特徴

今回の記事では、碍子・磁器・セラミックの特徴を紹介します。

主にバッチ系化学工場を対象としています。

碍子・磁器・セラミックの区別をせずに「同じ物」として取り扱います。

高耐食

碍子・磁器・セラミックは耐食性が優れています。

無機物は基本的に耐食性が高いです。

カーボンやガラスなども同じ。

バッチ系化学工場で高温・酸・スラリーという3大腐食要素が重なったときには

ガラスなど汎用的な高耐食設備では持たないため

碍子・磁器・セラミックの出番です。

割れやすい

碍子・磁器・セラミックは割れやすいのがデメリット。

フランジを締めつけようとして割ったという例は、昔から常に起こっている問題です。

どこまで締めればシール性が担保できるのか

と恐る恐るボルトを締め付けいき

まだ締めた方がいいかな

って思っているうちに、パリッと割ってしまいます。

この場合は、修復はほぼ不可能。

化学工場設備で使う場面

碍子・磁器・セラミックを化学工場の設備として使用する場面を紹介します。

  • ポンプ
  • バルブ
  • 充填塔

ポンプ

ポンプはNGKケミテック社のセラミックポンプが有名。

母体である日本ガイシが碍子屋さんですので。

高温・酸・スラリーで使うことが多いです。

ハステロイ系の渦巻ポンプも質が良いとは限らないので、割れるリスクがありながらも

セラミック渦巻ポンプを採用することは多いでしょう。

バルブ

バルブも同じくNGKケミテック社のセラミックダイアフラムバルブが有名。

ダイアフラムバルブは対抗馬としてPTFE系のボールバルブがあります。

この辺は各社、コストや納期などの面で標準化しているでしょう。

充填物

充填塔のセラミックはマツイマシン社や岩尾磁器社が有名です。

岩尾磁器工業株式会社:塔用充填物

充填物を高耐食の碍子系にする場合、本体側が問題となります。

バッチ系化学工場でガラスライニングの塔に、PTFE系の充填物抑えや後退色金属のディストリビューターを付けることが多いでしょう。

1つのメーカーで充填塔一式を準備してくれるケースは少ないです。

そもそもSUS系でも1つのメーカーで一式準備できるケースの方が少ないですからね^^

最後に

碍子・磁器・セラミックと化学工場設備を紹介しました。

高耐食というメリットがありますが、割れやすいというデメリットがあります。

ポンプ・バルブ・充填物などに

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました