【CAD・Excel】P&IDの作成ツール

図面配管

NEONEEETです。

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学工場のP&IDの作成に使用するツールを知ることができます。

結論

CADでは正確であり、正式なP&IDとして作成する。

Excelでは略フローなどの略資料を、簡単にすばやく作成する。

はじめに

P&IDとはPiping & Instrumentation Flow Diagramの略で設備・配管・制御などの情報が網羅的に記載されてものです。

これをどうやって作成するか?ということを紹介します。

CADは正式

CADで作成したP&IDは最終的な資料、正式な資料として使うことが多いです。

昔は手書きだったのですが、その時代はさすがに終わり。

CADでP&IDを作成して、その修正を繰り返して管理運用していく使い方をします。

CADはそれを使うための技術が多少必要です。

化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアでCADを使える人はほとんどいません。

そのため、資料を変更できる人が限定され、適正な管理方法を定めることで、適正な資料として運用しやすい面があります。

本当は私もCADを使いたいのですが、会社は勉強する機会がないだけでなく、使用する機会も与えてくれません。。。

Excelは簡単で速い

P&IDほどの精度や速度は出せませんが、Excelは非常に優秀です。

オートシェイプでほぼすべてのP&IDが作成可能です。

ユーザー側の機電系設計者・プラントエンジニアなら、機器の略図や略フローなどはExcelで作成可能です。

これもCADと同様に多少の技術が必要です。

私は当然のように使っていますが、機電系設計者・プラントエンジニアでExcelで絵を書ける人はほぼいません。

プロセスエンジニアならこういう作業をいっぱい行っています。

私はプロセスエンジニアでありませんが、機械エンジニアとしてプロセスエンジニアの仕事の掛値を越えるような仕事をしていて、P&IDも作りました。

それがいつの間にか、自部門での希少価値が出ています。

オートシェイプで丸・四角・多角形・直線・孤、これくらいの絵が描ければ誰でも作成可能です。

こだわれば、微妙な大きさや位置の調整が必要になりますが、

Excelではそれは非常に難しいです。

そこはCADが圧倒的に優秀。

だからこそ、Excelで作成する資料は、検討用の略資料であり、

簡単・早く作ることが求められます。

おわりに

Excelは表計算だけでなく、オートシェイプという優れた表現方法があります。

この他にもマクロも優秀です。

事務系の仕事だけでなくエンジニアリングでも優秀なExcel。

これを使いこなす技術が、誰にも求められると思います。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました