【多すぎ注意】化学装置の鉄鋼材料33種とバッチ系化学工場で使う9種

材質材料

NEONEEETです。

SS,SM…って材料記号が多すぎ

実際に使うものはそんなに多くはないですよ

この記事は、化学工場の機電系設計者・プラントエンジニアを対象にしています。

この記事を読むと、化学装置の鉄鋼材料とその中でもバッチ系化学工場で使う材料について知ることができます。

【分類別】化学装置の鉄鋼材料

鉄鋼って普通は種類は1つだけと思いますよね。

鉄は鉄。それ以上でも以下でもないって。

鉄鋼は鉄に色々な元素を混ぜた物です。

種類は非常に多いです。

その中でも化学工場で使用する鉄鋼材料を見ていきましょう。

多いということだけが認識できればOKです。

構造用鋼

構造用鋼とは建物や装置に使う鉄鋼のことです。

  • SS 一般構造用圧延材
  • SM 溶接構造用圧延材
  • SB ボイラ用圧延材
  • SPV 圧力容器用鋼板
  • SLA 低温圧力容器用炭素鋼鋼板

鋼管

鋼管とは配管に使う鉄鋼のことです。

  • SGP 配管用炭素鋼鋼管
  • SGPW 水用亜鉛メッキ鋼管
  • STB ボイラ熱交換器用炭素鋼鋼管
  • STBL 低温熱交換器用鋼管
  • STPA 配管用合金鋼鋼管
  • STPG 圧力配管用炭素鋼鋼管
  • STPL 低温配管用鋼管
  • STPT 高温配管用炭素鋼鋼管
  • STPY 配管用アーク溶接炭素鋼鋼管
  • STS 高圧配管用炭素鋼鋼管
  • SUS-TP 配管用ステンレス鋼鋼管
  • SUS-TB ボイラ熱交換器用ステンレス鋼鋼管

どうでもいいことですけど、低温用とか高温用という表現を見ると、ちょっとワクワクしませんか?

構造用合金鋼

構造用合金鋼とは構造鋼を強化した合金鋼です。

強化するための元素を添加しています。

  • SCr クロム鋼鋼材
  • SCM クロムモリブデン鋼鋼材
  • SNC ニッケルクロム鋼鋼材
  • SNB 特殊用合金鋼ボルト鋼鋼材
  • SNCM ニッケルクロムモリブデン鋼鋼材

CがクロムCr、MがモリブデンMo、NがニッケルNiであることが分かれば、記号と名称のリンクはできますね。

特殊用途鋼

特殊用途鋼は言葉どおり特殊用途です。

  • SUS-B ステンレス鋼棒
  • SUS-HP 熱間圧延ステンレス鋼板
  • SUS-CP 冷間圧延ステンレス鋼板
  • SUJ 高炭素クロム軸受鋼鋼材

耐熱鋼

耐熱鋼は言葉どおり熱に強い鉄鋼です。

  • SUH-B 耐熱鋼棒
  • SUH-P 耐熱鋼板

鋳鋼

鋳鋼は鋳造で作る鉄鋼です。鋳物と呼ぶことが多いです。

  • SC 炭素鋼鋳鋼品
  • SCS ステンレス鋼鋳鋼品
  • SCH 耐熱鋼鋳鋼品

鋳鉄

鋳鉄は鋳造で作る鉄です。鉄鋼ではなく鉄。

  • FC ねずみ鋳鉄品
  • FCD 球状黒鉛鋳鉄品

FCMB 黒心可鍛鋳鉄品という種類は昔は使用していました。

【実際】バッチ系化学工場では

化学装置に使用する材料として上で紹介した材料は33種類

多いですよね。

現場レベルではこんなに多くの種類を使い分けている余裕はありません。

実際にバッチ系化学工場で使用している物に限定してみましょう。

  • SS 一般構造用圧延材
  • SM 溶接構造用圧延材
  • SGP 配管用炭素鋼鋼管
  • SGPW 水用亜鉛メッキ鋼管
  • STPG 圧力配管用炭素鋼鋼管
  • SUS-TP 配管用ステンレス鋼鋼管
  • SCS ステンレス鋼鋳鋼品
  • FC ねずみ鋳鉄品
  • FCD 球状黒鉛鋳鉄品

これで9種類です。

もう少し分類してみましょう。

構造・配管・鋳造という3種類と鉄・ステンレスという2種類の組み合わせて、

下の表のようにまとめることができます。

構造配管鋳造
SS,SMSGP,SGPW,STPGFC,FCD
SUS-TPSCS

ここまでくると、かなり整理できますね。

SMがSSの派生形であることや、SGPWやSTPGがSGPの派生形であることを押さえ、

基本が何であるかを知っていると実務として使いやすいです。

配管材質は下の記事でも紹介しています。

最後に

化学装置の鉄鋼材料とその中でもバッチ系化学工場で使う材料を紹介しました。

構造用鋼・鋼管・構造用合金鋼・特殊用途鋼・耐熱鋼・鋳鋼・鋳鉄

この記事が記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました